2017/09/11

Greentest ECO

greentest_01.jpg    
製品仕様
メーカー Wonderful Technology Co. LTD. [公式]
検出器 GM管
測定可能放射線 γ線
線量率範囲 0~9.99μSv/h
計数率範囲 -
積算線量範囲 0~9.99999mSv
アラーム機能 あり
計測時間 ~3秒
エネルギー感度 -
バッテリー リチウムイオン電池(~6時間)
使用環境 -20℃~+50℃
寸法(mm) 122×52×14mm
重量90g
【白】【黒】
備考・その他

USB充電。320×240TFT タッチパネル。

Wonderful Technology社は中国・深圳(しんせん)のPCB/PCBA(プリント基板)メーカーです。Banne、ANMEZといったブランド名もあるようです。

「Greentest」は2015年ごろにリリースされていたようです。公式サイトやマニュアルなど、いくつかのソースをあたったのですが、書いてあることがバラバラで、以下、情報の正確性は保証できませんw

greentest_03.jpg

本体下部の突起部(緑色のカバーを外す)は硝酸塩を測定するための検出器です。肉や野菜などの食品にぶっ刺して測定します。

放射線は本体に内蔵されたGM管で測定しますから、突起部は関係ありません。普通のガイガーカウンターと同様、手に持ってその場の放射線量率を測定します。当然、食品にぶっ刺したところで食品の放射線量を測定できるわけではありませんし、メーカーもちゃんとそう言っています(食品にかざしても、もちろん食品の放射線量は測定できません。近づくのもヤバいくらいに汚染されているのであれば別ですが)。

greentest_02.jpg

「Greentest」にはいくつかのバージョンがあり、放射線測定ができないモデルもあります。「ECO」とついていたり、あるいは「1A-2」という型番以上であれば、おそらくGM管が内蔵されています。

特徴的なGM管なんですけどね。具体的に何かはわかりませんでした。中国製GM管だとは思いますが。

まあ、買う人はいな……と思いきや、Amazonのレビューを見ますと、自演的レビューはさて置き、本当に食品の放射線が測れると思って買っている人が2017年時点でいらっしゃいました。なんともほほえましいと言いますか。

詳細・購入商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+