2017/09/02

Ranger EXP

関連ワード:アメリカ , サーベイメーター , Inspector ,
rangerexp_01.jpg
製品仕様
メーカー S.E. International[公式]
検出器 外部プローブ:RAP-RS2(パンケーキ型マイカ窓付GM管・LND7317)
測定可能放射線 α線、β線、γ線、X線
線量率範囲 0.01~1000μSv/h
積算線量範囲 -
カウント範囲 0~350,000 cpm
0~5000 cps
Total/ Timer:1~9,999,000 counts
アラーム機能 あり
計測時間 過去30秒間のcpmに応じて、直近30秒、6秒、3秒の平均値を3秒ごとに表示
エネルギー感度 α線:2MeV~ / β線:0.16MeV~ / γ線:10KeV~
バッテリー 単3乾電池×2本(800時間)
使用環境 -10℃~+50℃
寸法(mm) 本体:140×68×33mm
プローブ:260×70×25mm
重量567g(本体+プローブ)
【黒】【青】
備考・その他

実質的に「Inspector EXP」(以下、旧モデル)の後継機と言えるガイガーカウンターです。2016年末に登場し、旧モデルと入れ替わりました。2017年9月現在、公式サイトでは旧モデルは一切紹介されていません。

旧モデルとの目立つ差は電池。9Vから単3となりました。また、サイズが若干コンパクトになっています。

見た目は随分と変わりましたが、基本的なスペックは大きくは変わりません。マイナーチェンジ、イメージチェンジ、といったところでしょう。

「Ranger」との違いは検出器が内臓されているか、外部プローブか。使い方によって選べばいいのではないでしょうか。

外部プローブ(RAP-RS2)、BNCケーブル、キャリーケース、Xtreme Boot(黒い保護用ラバー)、ストラップ、スタンドなどがデフォルトで付属しています。ワイプテストプレートは別売りのオプション。

詳細・購入商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+