いらない子だったMini instruments~Morgan CrucibleからSaint-Gobain、そしてTFSへ

2014年06月06日
関連ワード:コラム , ThermoFisherScientific , history ,
Mini instrumentsのガイガーカウンター「Mini-Rad Series 1000」を見つけました。

series1000_001.jpg
series1000_002.jpg
series1000_003.jpg
[ソース]ebay:Geiger Counter Mini instruments Ltd Mini-Rad Series 1000 Survey Meter Radiation.

大きな写真で見たかったんです。どこにもなくて。いやー感激。

ボディは黒だと思っていたんですが、青いバージョンもあったんですね。面白いのが中央のロータリースイッチです。レンジ切り換えではありません。バッテリーチェックやアラームセット用です。これをロータリースイッチにしちゃいますか。普通は2、3のスイッチに分けるんですけど。変なのw

しかしですね、そんなことはどーでもよくて、最大の注目点は背面です。「Morgan」と書かれています。こいつはすごい!

余談ですが、年代物の放射線測定器を撮影する際は、こういう記載を必ず大きく撮っておいて下さい。これは法律でも定められていることです。この撮影を怠ると50万円以下の罰金もしくは3年以下の懲役ですよ。冗談ですよ。

この写真もホントありがたいです。これのおかげで、わからなかったことが一気に判明しました。

まず、Morgan。調べるのに何気に苦労しましたが(なぜなら、世界でこんなことに関心を持っている人間がいないから!w)、このMorganはMorgan Motor CompanyでもMorgan Stanleyでもありません。Morgan Crucible(現・Morgan Advanced Materials)です。

Morgan Advanced Materialsは工業用のカーボン・セラミック製品を製造するメーカーで、めちゃくちゃ大企業です。MorganとMIの関係は、1999年度の財務に関する予備報告書でわかります。

During the year the Group also disposed of several other businesses which are classified as discontinued operations. The effect of these disposals gave rise to a profit on the sale of Mini Instruments and Morganite Electronic Instruments of £2.4 million and this was partially offset by a loss on disposal arising from the sales of Hydrotex and Spanoptic of £2.1 million.

[ソース]Trustnet:Morgan Crucible Co/Final Results - Year Ended 31 December 1999

MIはMorganの子会社でした(いつからかは不明)。しかし、放射線測定器を作っているようなメーカーが儲かるわけがありません。Morganは不採算事業だったMIを売却し、売却益を得たということです。

詳細はよくわかりませんが、Saint-Gobainに売却されたのは確かです。そして、2002年にはThermo Electron(Thermo Instrument Systems)に売却され、現在、Thermo Fisher Scientific(TFS)のもと、MI製品は販売されています。

ただ、TFSでもMIはどちらかというといらない子。確かに「MINI 900」シリーズは各所でよく見ますが、最近購入されたものではないでしょう。MIがまだあった頃の遺物だと思います。

series1000_004.jpg
NE Technology系サーベイメーターはまだまだ現役で活躍しています。Bicron・Saint-Gobain系はシンチなどの各種素材が活用されています。Harshawは医療系で今なお、その知見・技術が活かされています。MIは…。お荷物になってない? 大丈夫?w

なお、MIがすべて丸ごとSaint-Gobainに移ったかというとそうでもなさそうです。MIの一部はその後、Sceld One Limitedという企業と一緒になり、Morgan Fuel Cells Limitedという企業になります。燃料電池のメーカーです。このメーカーが現在どうなっているのかはよくわかりません。

MIの歴史が徐々に明らかとなってきました。しかし、まだふたつのことがよくわかりません。ひとつは、MIがいつ誕生したのか(1967年?)。ひとつは、MIのドメインだった「mini-instruments.co.uk」を現在所有しているPerspective InstrumentsとMIの関係です。単なるディストリビューターだとは到底思えません。

尽きることのない放射線測定器ミステリー。楽しいですねw
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)