中国の放射線測定器製造現場~工業園(industrial park)からGM管をくっつけている光景まで

2014年06月05日
関連ワード:コラム
先の記事で紹介した「DT-9501」のメーカー、深圳华盛昌机械实业有限公司の住所は深圳市南山区西丽白芒松白公路百旺信工业区五区19栋。中国メーカーの住所では、よく「工业区(工业园)」という文字を見かけます。日本語にそのまま訳すと、工業園(区)。英語に訳せばindustrial parkです。

工業園とは、国や行政が主導し整備する工業・商業地区のこと。ここに企業を集約し、経済活動、環境保護を効率化させるというのが、工業園の狙いです。基本的にはひとつの地区には似たような業種の企業が集まるのが常だそうです。

百旺信工业园は広いのですが、だいたいこんな感じです。

industrialpark_001.jpg
industrialpark_002.jpg
industrialpark_003.jpg
区画がキッチリと整理され、ビルがキレイに建ち並んでいます。ただ企業ビルがあるだけではありません。区域内には住居用の団地があったり、病院があったり、場合によっては学校があったりもします。また、ある程度の緑を植えてあるのも、工業園の特徴です。つまり、企業を中心とした街づくりといった感じでしょうかね。

とてもクリーンで、エコで、効率的なように見えなくもないのですが、もちろん、そこは中国。現実は推して然るべし(^^; 百旺信工业园のすぐ裏手がどうなっているかというと…。

industrialpark_004.jpg
このように山を切り崩し、整地し、土地を作り出して、企業や工場を建ててるわけです。環境云々というのは建前でしかありません。まあ、どこかの国も同じですけど。さらに、なーんか写真が淀んでいませんか? 私も中国には何度か行ったことがありますが、大げさではなく大気に色がついてます。速攻で喉をやられるので、中国へ行かれる際はぜひマスクを。

さてさて。

では、実際の放射線測定器メーカーはどんな感じでしょうか。まずは前出の深圳华盛昌机械实业有限公司。

industrialpark_005.jpg
industrialpark_006.jpg
大きな建物ですが、これはちょっと反則か。だって、幅広い分野の電子関連機器を作り、全世界に卸してるようなメーカーで、放射線測定器メーカーではないから。ま、工業園の中がどんな風になっているかは感じとって頂けるかと。

次からは工業園ではありませんが、山西中辐核仪器有限责任公司。

industrialpark_007.jpg
industrialpark_008.jpg
industrialpark_009.jpg
中国核工业集团公司(CNNC)傘下です。ガチな企業ですから建物も立派。製造に関わる設備もほとんどが自前でしょう。さすがにここまでガッツリしてる放射線測定器メーカーは数えるほどしかないと思います。

次はみんな大好きCOLIYさん。

industrialpark_010.jpg
すみません。盗撮とは言いませんが、かなりいろいろ誤魔化して撮影したらしく(友人が)、それほどいい写真はありませんでした。だけど、オフィス内の様子はなんとなくわかるかと。

ほんと事務所然としていて、ここで作業をしている雰囲気はなかったと言っていました。契約している工場から完成品が送られてくるって感じでしょうかね。

最後は「RJ31-1155(DP802i)」でお馴染みの上海仁机仪器仪表有限公司。

industrialpark_011.jpg
industrialpark_012.jpg
industrialpark_013.jpg
industrialpark_014.jpg
industrialpark_015.jpg
[ソース]http://www.gettyimages.co.uk/Search/Search.aspx?EventId=119255870

いやー、面白い! 真ん中の女性がGM管をくっつけてます。手弁当感丸出しですが、まあ、中小だと珍しくはない光景です。中国に限らず。

中国メーカーとひと口に言ってもいろいろ。どんなところでどうやって放射線測定器が作られているのかは、基本的には謎です。謎ではあるんですが、ほんの少し、その実態が垣間見え…ました?w

中国ビジネスを理解する
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)