シンチレーション式「DC-100」(日本精密測器)が110円という現状報告~日本精密測器のトホホな説明

2014年06月02日
関連ワード:最新入荷情報
日本精密測器(NISSEI)のシンチレーション式放射線測定器「RADCOUNTER DC-100」がヤフオク!に出品されています。最低落札価格は設定されてなくて、現在(記事執筆時)の価格は110円ですw

gc_1017.jpg
日本精密測器(NISSEI) 空間線量計 RADCOUNTER DC-100


結局、8,000円くらいで落ちつくのかな? どうでしょうね。いずれにせよ、お得な買い物にはなりそうです。

さて、久しぶりに日本精密測器のサイトを読んでみたのですが、よく読むとすごいですね。

Q. 人体の被曝量は測定できますか?

A. 測定できません。人体の被曝量を測る場合は、ホールボディカウンターという機器等で測定します。

[ソース]空間線量計 RADCOUNTER DC-100

うーん…(^^;

まず、「DC-100」はサーベイメーターです。その場の線量率を測定し、外部被ばくを推計するのに用います。一方、ホールボディーカウンター(WBC)は、体内に存在する放射性物質のBq(放射能)を測定します。こちらは内部被ばくです。

質問者の意図は「DC-100で内部被ばくを測定できますか?」ということではないような気がするんですけど。仮にそう意図しているなら、メーカーとしては「人体の被曝量は測定できますか?」という質問を紹介するのではなく、「DC-100で内部被ばくを測定できますか?」という質問を掲載したほうがいいと思うのですが。

逆に、「人体の被曝量は測定できますか?」という質問があるのなら、それに対する回答は「測定できません。人体の被ばく量を測る場合は、個人線量計で測定します」としたほうがスッキリしますけど…。

「DC-100」のマニュアルもかなりのトホホ感です。せっかくのいい機種なのにな。この辺りがとても残念ではあります。

「DC-200」もFeliCaという素っ頓狂があったり、積算値しかデータ転送できなかったり、なんか詰めが甘いんだよなー。てか、3.11以降のメーカーはこんなんばっかですな。もうっちっとしっかりせい、と。

とりあえず、「DC-100」はなかなか人気なので、「エアカウンターEX」あたりと比べて悩んでいる方も多いはず。けど、これだけ安いと踏ん切りもつきそうですねw
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)