カリフォルニアの青い空とガイガーカウンター

2014年05月31日
関連ワード:コラム
autonnic_001.jpg
[ソース]ebay:VINTAGE ANALOGUE AUTONNIC RADIATION METER CASED

アメリカ製の放射線測定器なんですが、ちょっと変わってます。

まず、このカラーリングをあまり見かけません。80年代のソビエト、ロシア製にありそうな雰囲気です。次に、アメリカですからRが基本。なのに、これは単位がSvです。

4レンジありますが、×10、×100、×1000と単純ですから、メーターはひとつでいいはず。なのに、全4レンジ分のメーターを表示させています。この込み入った感がマルチメーターぽさを醸し出しています。なんか変わってません?

メーカーはAutonnic Manufacturing, Inc.。1、2年前までは存在していたんですが、現在はどうなっているのかよくわかりません。関連会社のAutonnic Research, Inc.(1984年~)も現状がどうなっているのか不明です。

製品名も不明なんですが、ブランド名は「AR」。同社の設立が2001年ですから、比較的最近の機種だと思われます。

Autonnic Manufacturing, Inc.が存在していた(している)のは、カリフォルニア州のフェアフィールド。ワインで有名なナパの東側です。なるほど。カリフォルニアの突き抜けるような青い空が、このカラーリングに表れてるってことですかね。

なーんてことを調べていましたら、「カリフォルニアの青い空」という曲があると知りました。南沙織がカバーしていて、元はイギリス出身の歌手、アルバート・ハモンドの「It Never Rains In Southern California」という楽曲です。



ただですね、歌詞を読むと、この日本語タイトルは誤訳レベルw 英題を直訳すると「南カリフォルニアは雨が降らない」。だけど、実は降るって話です。しかも、雨ではなく涙が。涙と言うと超訳すぎるか。「人生どしゃ降り」ですね。

「夢を追ってカリフォルニアにやって来た。カリフォルニアは雨が降らないって聞いていた。確かに実際、雨は降らない。だけど、(人生は)どしゃ降りだ」

そんな内容です。タイトルと南沙織の爽やかさとは真逆じゃないかw いま風にタイトルをつけ直すとするなら、

雨が降らないはずのカリフォルニアがどしゃ降りな件

これが正解w 少なくとも「青い空」と言っちゃうのはいかんでしょw

しかしまあ、関係ないとはいえ、こんな歌を知ってしまうと、爽やかに見えていた青いガイガーカウンターに哀愁が漂ってくるという。人間の心理なんてコロっと変わっちゃうもんなんですね。日本の梅雨時期の空のようにw

※正確には、ガイガーカウンターかどうかはわかりません。でもまあ、十中八九、ガイガーカウンターでしょう。

GOLDEN☆BEST 南沙織 コンプリート・シングルコレクション
関連記事
エアカウンターEX

前後の記事

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)