RadPavise-H

2014年05月29日
関連ワード:中国 , サーベイメーター ,
RadPaviseH_001.jpg
製品仕様
メーカー 苏州瑞派宁科技有限公司 [公式]
(Raycan Technology)
検出器 YSOシンチレーター
測定可能放射線 γ線、X線
線量率範囲 0.01~2.5mSv/h ※備考欄参照
積算線量範囲 0~9999.99mSv
アラーム機能 あり
計測時間 5秒以下
エネルギー感度 40keV~3MeV
バッテリー 内蔵充電池(≦19mW)
使用環境 -10℃~+40℃ / ≦90%
寸法(mm) -
重量 -
【青】
備考・その他 公式サイトには「0.01~2.5mSv/h」とありますが、「0.01μSv/h~2.5mSv/h」かもしれません。ただ、当機は「高線量用」とも書いていますから、画像(RadPavise)と実際(RadPavise-H)は違うのかも? ちょっとよくわかりません。

RadPaviseH_002.jpg どこかの資料で、「オプションで中性子対応も可」みたいな文言を見た記憶があります。ディスプレイの上の「G」はガンマ、「N」はニュートロンじゃないかと…。たぶんですが。

YSOはY2SiO5。ケイ酸イットリウムです。PETなど医療系でよく使われるシンチレーターです。このような放射線測定器でYSOが使われているのは初めて見ました。以下の写真はCeがドープされているものですが、おおよそこんな感じです。てか、シンチなんてどれもこんなんですがw

RadPaviseH_003.jpg
[ソース]アペイス・サイエンス:YSO:Ce

Pavise(パヴィス)はイタリア・パヴィーア地方(Pavia)発祥の大きな盾で、15世紀頃にヨーロッパ各地でよく使われていたようです。地面に設置して身を隠し、矢から身を守るのだとか。

こんなのを製品名にしちゃうんですから、そっち系のゲームとかが好きなんでしょうね、きっとw
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

前後の記事

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)