2014/05/23

反原発を唱えるならインスペクターを使え、インスペクターを~ヒッピーから生まれたガイガーカウンターとS.E. International

seihistory_001.jpg
[ソース]facebook:2008 Solar Install with Employee Golf Carts

2008年に撮影された写真です。巨大なソーラーパネルでゴルフカートを動かしている? それが違うんです。

The size of the install covers the energy used in our production facility, effectively getting us to a zero carbon foot print.. Our crew, pictured, predominantly uses golf carts to get to and fro from work.

※註:カーボンフットプリント=炭素の足跡。”zero carbon foot print”は二酸化炭素の排出ゼロという意味です

ある企業の敷地内の写真なんですが、このソーラーパネルで企業の電力をすべてまかなっています。スタッフは広い敷地内をゴルフカートで移動しています。そんなことを紹介している写真です。

seihistory_002.jpg
[ソース]Google Map

上空から見たらこんな感じ。ソーラーパネルがガッツリ建ってます。

この企業は、テネシー州サマータウンに拠点を置く、S.E. International。冒頭の写真ですが、一番左、オレンジ色のHONDAのZOOMERにまたがっているのが社長のSusan Skinnerさん。真ん中で一人、カートの上に乗りだしている黒い服の女性は、スーザンの娘さん、Julia Skinnerさんです。

seihistory_003.jpg
[ソース]facebook:Julia Skinner

なかなか色っぽいねーちゃんだw

母親(社長)がシャーマンで、ヒッピーの町・サマータウンで生まれ育ったジュリア。そりゃもう奔放です。昨年、SEIを退職。ヨガのインストラクターの資格を持ち、ベリーダンスが大好きです。ネイティブアメリカンジュエリーも好きなので自作し、地元の友達と二人で販売しています。

[ソース]LusciousGems

話をSEIに戻します。女性がオーナーで、娘も働いていたような小さな企業です。ガイガーカウンターを作ると言ってもこんな感じ。

seihistory_004.jpg
[ソース]RADIATION SAFETY ASSOCIATES:Vendor Profile/SE International, Inc.

「Inspector USB(PLUS)」といえば、日本はもちろん世界中で知られているガイガーカウンターです。そんなガイガーカウンターを作っている企業がこんな風だったって、意外じゃないですか?

放射線量測定器:インスペクタ USB<<【GC-01】

さて、放射線測定器を見てみましょう。

SEIの設立に関しては微妙なところがあります。公式には1979年設立とされていますが、1978年にSolar Electronics Internationalが設立されています。

Solar Electronicsが略されて、1979年、S.E. internationalとなるわけですが、Solar Electronics Internationalを設立したのはDan Sythe(ダン・サイス)。「Inspector V2(Alert)」のメーカー、International Medcom Incの社長さんです。同氏は1979年にSEIを去っています。あまり深く突っ込んでほしくない社歴なのかも?w

それはさて置き、こちらは1992年に同社が発行したカタログ。

seihistory_005.jpg
[ソース]facebook:SE International, Inc's 1992 Radiation Alert Catalog

「Digilert」はわかりますが、その他の「Monitor 4(旧)」らしき機種たちがよくわかりません。メーターが4種あるように見えます。なんだろうな。

「COMING SOON INSPECTOR」と書かれていますね。「Inspector」(「Inspector Plus」の前バージョン)が誕生する直前の写真ということです。

次はすごいですよ。たまげます。

seihistory_006.jpg
[ソース]facebook:1979 Nukebuster Advertisment Transparency Typeset

1979年の広告です。Solar Electronics時代から1990年ごろまで販売していたガイガーカウンター「NUKEBUSTER」。

全米最大のヒッピーコミューンがあったサマータウン。その中心的存在がThe Farmです。そこのハム無線クルーが、自分たちのためにガイガーカウンターを開発しました。

しかし、これが予想外の人気で、Solar Electronics Internationalが設立されます。「NUKEBUSTER」は飛ぶように売れ、The Farmの運営を支えていようです。そして、この「NUKEBUSTER」を発明したのがDan Sytheだったのです(諸説あり)。

seihistory_007.jpg
[ソース]ORAU:Nuke Buster (ca. 1990)

私は獏原人村を思い出しました。ヒッピーとガイガーカウンター。まさに同じです。もちろん、アメリカのヒッピームーブメントがあったからこその獏原人村なので、似通っているのは当然のことではあるのですが。

[関連過去記事]
獏原人村とガイガーカウンター

ヒッピーが生んだ「NUKEBUSTER」、S.E. international、そして「Inspector USB/V2」。Inspectorにある種の反骨精神みたいなものが感じられたのは、こういう背景があったからなんですね。

反原発を唱えるのに、アロカや堀場を使ってどうする。インスペクターを使いなさい!

※冗談ですからね

[関連過去記事]
Dan Sythe(ダン・サイス)のサマータウン~ヒッピーとInspectorあるいはカウントの意味

ザ・ヒッピー: フラワー・チルドレンの反抗と挫折
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+