「A2700 Mr.Gamma」(≒はかるくん)が2万円で出品されました~「A2700 Mr.Gamma」誕生物語

2014年05月16日
関連ワード:最新入荷情報 , はかるくん ,
クリアパルスの「A2700 Mr.Gamma」が2万円で出品されました。

gc_1009.jpg
高性能放射能測定機:楽オク中古品


「PA-1000/1100 Radi」に比べて「A2700 Mr.Gamma」はあまり出てきませんね。それだけ愛用されているということなんでしょうか。

さて、2010年10月、クリアパルスは教育用放射線測定器(γ線エネルギー補償型)の開発に乗り出します。そして、2011年1月、文科省により「はかるくん」に認定され、3月に1,000台を納入しようとしていました。その矢先、3月11日に東日本大震災が起こります。

おそらくは文科省からの要請で、急きょ、「はかるくん」(=CP-100)が被災地に配布されました。また、「はかるくん」の民生版ともいうべき「A2700 Mr.Gamma」も一般市場で流通し始めます。公式サイトでアナウンスされたのは3月16日。私が初めて「A2700 Mr.Gamma」を見たのは2011年5月でした。

[関連過去記事]
3.11の記憶を刻む放射線測定器たち~2011年3月11日以降、世界でもっとも早くリリースされた放射線測定器

3.11以降、世界で一番最初にリリースされた放射線測定器が「A2700 Mr.Gamma」です。もちろん、時期がたまたま重なったというだけのことではあるのですが、でも、なにか運命的なものを感じさせます。

高額な放射線測定器であるにも関わらず、多くのユーザーがいます。どれとは言いませんが、「A2700 Mr.Gamma」を意識し開発されたと思しき機種も、その後たくさん登場しました。富士電機、堀場製作所というイメージが強かった「はかるくん」も、いまやすっかり「CP-100」で定着しています。

強いな。

これが「A2700 Mr.Gamma」に対する私のイメージです。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)