2014/05/10

横浜港・本牧ふ頭の放射能小包が日本原子力研究開発機構に移送されました~JAEAと原子力科学研究所の放射線測定器

関連ワード:コラム , 本牧ふ頭 , 集めてみた ,

本牧ふ頭の放射能騒動

4月13日 本牧ふ頭にて、輸出予定だったコンテナから基準値を超える放射線量が検知される
4月16日 原子力規制庁の調べで、トリウムの可能性が高いとされる
5月1日 日本原子力開発研究機構や原子力規制庁の立ち会いの下、日本郵政がコンテナ内部を調べ、4つの小包が放射線の発生源であることが判明。「岩盤浴などに使う天然鉱石を含む製品」と差出人談
5月9日 日本郵便は荷物4個を茨城県東海村の日本原子力研究開発機構(JAEA)の研究施設に移送
[ソース]MSN産経ニュース

以上が、本牧ふ頭放射能騒動のザックリとした流れです。

[関連過去記事]
放射能コンテナ騒動で沸いた横浜港・本牧ふ頭で使われていた放射線測定器
本牧ふ頭の放射能汚染コンテナから見る消防署の放射線測定器事情、あるいは理研計器の「REM GUARD RD-2E」

日本原子力研究開発機構と放射線測定器

当たり前ですが、日本原子力研究開発機構(JAEA)と放射線測定器は切っても切れない関係にあります。AREVAや日立アロカメディカルと共同で放射線測定器やその関連製品を開発しています。

一番印象的なのは岩通計測の「SV-1000」「SV-2000」です。年間換算値のバーグラフ表示があるわけですが、この表示方法はJAEAの特許です。まあ、こんなものが必要かどうかはさて置き。てか、いらないんですがw

おっと、かなり安くなってきてますね。バーグラフはいらんですが、そんな表示は無視して使えばいいんじゃないでしょうか。

原子力科学研究所で使われている放射線測定器

以上は放射線測定器の開発に関してですが、では、普段、JAEAはどのような放射線測定器を使っているのでしょう。本牧の件があってから、いろいろ調べていたのですが、JAEA本体の情報はあまりありません。しかし、JAEAの研究部門である原子力科学研究所においては、それなりに情報がありました。

jaea_001.jpg
[ソース]原子力科学研究所:放射線標準施設(PDF)

γ線照射装置です。これを使って放射線測定器を校正します。サクっと解説しますと、産業技術総合研究所が国家標=一次標準で、原子力科学研究所は二次標準。トレーサビリティが担保された校正場&校正装置です。

左にチラっと映り込んでいるのは日立アロカメディカルの電離箱式サーベイメーターですね。型まではわかりませんが、「ICS-311」あたりでしょうか。現行モデルは「ICS-323C」です。

jaea_002.jpg
ふぉお。この類は初めて見ました。「β線組織吸収線量用基準校正場の設定例」とのこと。β線の70μm組織吸収線量率を校正するそうです。詳細は上記PDFをご参照下さい。

jaea_003.jpg
ORTECのゲルマニウム半導体検出器です。さすがに型番まではわかりませんが(カスタムかもしれないし)、だいたいこんな感じです。激ヤバです。

jaea_004.jpg
次は原子力科学研究所の施設内で働く放射線業務従事者が着用しているという個人線量計です。

jaea_005.jpg
[ソース]原子力科学研究所:施設で働く作業者の被ばく管理

日立アロカメディカルですね。「ADM-112」と「PDM-122」あたりでしょうか。「ポケット線量計」「警報機付き」という言葉が実はひじょーに趣き深い。詳しくは以下の記事をどうぞ。

[関連過去記事]
EPD(電子式ポケット線量計)は日立アロカメディカルの商標です~放射線測定(器)に関する危うい言葉
個人線量計「ADM-112」は成仏されずに三鷹の空をさまよい続けている~日立アロカメディカルの黒魔術

では次。ずらっと一気に並べます。

jaea_006.jpg
jaea_007.jpg
jaea_008.jpg
jaea_009.jpg
jaea_010.jpg
jaea_011.jpg
[ソース]原子力科学研究所:原子力施設等の放射線安全管理

日立アロカメディカル(旧・アロカ含む)、富士電機、応用技研。重鎮たちのオンパレード! 気になるのが水色のシンチです。なんじゃこりゃ!? 「963」もしくは「963A」なんでしょうけど、どこのメーカーだ!?

さらにこんなものも。

jaea_012.jpg
[ソース]線量当量率測定用サーベイメータの一覧

こ、これは…。右は「NSM-152」かな? 形からして富士電機の初期のモデルでしょう。富士通から移管した直後の製品だと思われます。左は…。記事が長くなってきたので、この辺りはまた改めて。

※追記:こちらの記事をご参照下さい。

日本原子力研究開発機構・原子力科学研究所のマニアックなサーベイメータ

だけど、やっぱりハンドヘルドなスペクトルメーターが見あたりませんね。もちろん、ないってことはないんでしょうけど。気になるなぁ。何を使ってんのかな。CANBERRA「Inspector1000」とかありそうなもんだけどなぁ。ああ、ORTECかな?

といった原子力科学研究所の放射線測定器たちを紹介してくれているのは、同研究所で働く上野有美ちゃん。

jaea_013.jpg
有美ちゃーん、最近のアロカとか富士電機はいいから、昔の機種の写真をもっと大きく! そしてスペクトル系がどうなってんのかもレポートしてー!www

最後におまけ。twitterで紹介しましたが、日本原子力研究開発機構が開発した移動式ラボ。福島方面で実働中です。

jaea_014.jpg
[ソース]放射性物質測定 その場で早く 原子力機構 移動式ラボを開発
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+