Model 702i / Model 711i

2014年05月08日
関連ワード:アメリカ , LUDLUM , サーベイメーター , スペクトル ,
702i_001.jpg
製品仕様
メーカー LUDLUM [公式]
検出器 702i:2"×1.5" NaI
711i:1.5"×1.5" LaBr
測定可能放射線 γ線、X線
線量率範囲 あり(nSv/h~)
積算線量範囲 -
アラーム機能 あり
計測時間 -
エネルギー感度 18keV~3MeV
バッテリー 単3ニッケル水素充電池×8本、AC可
使用環境 -
寸法(mm) 25.1×11.4×22.1cm
重量 702i:2.4kg
711i:2.2kg
【ブラウン】
備考・その他 感度:702i 775cpm/μR/h、711i 650cpm/μR/h
エネルギー分解能:702i 7~8%、711i 3.5~5%
チャンネル数:Collection Mode 16384Ch
Conversion Modes 256、512、1024Ch
QCC 256、512Ch(U.S. Patent 5,608,222)

702iと711iの主な差は検出器。エネルギー分解能等が異なりますが、その他は同じで、マニュアルも共通です。

702i_002.jpg 「おや?」と思われた方はお目が高い。LUDLUMの「Model 702」「Molde 711」は「SAM940」のOEM的スペクトルメーターでした(関係は不明)。しかし、LUDLUMは独自の製品を開発し、2013年、「Model 702i」「Model 711i」をリリースします。以後、旧「Model 702」は取り扱ってないと思われます。中身はそう大きく違わなそうですけどね。技術的にも似てますし。
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)