2014/04/22

NHKスペシャル「シリーズ 廃炉への道 第1回 放射能"封じ込め" 果てしなき闘い」に登場する放射線測定器

関連ワード:コラム , RAESystems , ガンマカメラ , テレビ ,
2014年4月20日放送のNHKスペシャル「シリーズ 廃炉への道 第1回 放射能"封じ込め" 果てしなき闘い」を見ました。この番組にも放射線測定器がいくつか登場します。

nhkhairo01_001.jpg
まず最初に出てきたのは日立アロカメディカルの電離箱式サーベイメーターICSシリーズ。最新モデルは「ICS-323C」です。高線量地区では電離箱が活躍します。 nhkhairo01_002.jpg
次は三菱重工の遠隔作業ロボット「MHI-MEISTeR」(マイスター)。これに放射線測定器が搭載されているのですが、搭載されているのは…。

nhkhairo01_003.jpg
おおっと。RAE Systemsの個人線量計「DoseRAE 2」じゃないですか! 上限10Sv/h、液晶表示の高い視認性。こういうシチュエーションにぴったりな一台ですね。

なお、マイスターに搭載されているのが「DoseRAE 2」だけなのかどうか、他にあるのかどうかはよくわかりません。

そして最後は別のロボットに搭載されたガンマカメラ。

nhkhairo01_004.jpg
本体は確認できませんでした。この画面からすると、日立コンシューマエレクトロニクス製のガンマカメラでしょう(4/1より日立アロカメディカル扱いとなりました。詳細は以下の記事をご参照下さい)。ロボットに積んで使えるんだったら、原発内の作業にも役立ちそうですね。オーバーレンジで測定不能になっちゃってますが(^^;

[関連過去記事]
ガンマカメラ「HGD-E2000」関連の業務が日立コンシューマエレクトロニクスから日立アロカメディカルに移管されました
日立コンシューマエレクトロニクスも色分け可視化タイプの放射線測定装置を開発・販売

次回、「シリーズ 廃炉への道 第2回 誰が作業を担うのか」は4月25日22時からです。
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+