2014/04/16

「PM5300FBM」(ポリマスターパシフィック・公協産業)に関する資料を頂けたので紹介してみます

ポリマスターパシフィックと公協産業が、フレコンバッグ(フレキシブルコンテナバッグ)専用の放射線モニタ「PM5300FBM」を共同開発したというのは、先日お伝えしました。

Polimasterが公協産業と共同でフレコンバッグ専用放射線測定器「PM5300FBM」を開発

そうしましたら、ポリマスターパシフィックから「PM5300FBM」の詳細を頂けたので、改めて紹介したいと思います。

pm5300fbm_001.jpg
pm5300fbm_002.jpg
主だったところを抜き出してみます。

検出器:プラスチックシンチレーター
反応速度:500~5,000Bq/kg→約1~5秒
5,000~100,000Bq/kg→約1秒
※測定対象物500kg~2t
温度環境:-10℃~+40℃
湿度環境:30%~85%
防水防塵:IP55
設定可能閾値:2点
サイズ:240×200×210cm
重量:約2.8t(軽量化検討中)
遮蔽:鉛板により両面遮蔽

また、こんなイラストもありました。

pm5300fbm_003.jpg
pm5300fbm_004.jpg
海上コンテナで囲ったり、コンベヤを設置したりしてみてはどうでしょうか?というメーカーからの提案です。確かに、先に紹介した動画のように、ひとつひとつ乗せていては面倒ですからね。

やっぱ幅の制限があるから、車両がバッグを抱えたまま通り抜けるのは無理かw 検出器からも離れちゃいますし。てか、コンテナって材質なんなんだろう。

というわけで、ポリマスさん、背面に大きくポリマスのロゴとか入れてもらえないかしら? そうしたらかっこいいのに、という記事でしたw

2014.04.26追記:Polimasterでもニュースとして簡単に紹介されるようになりました。

[ソース]New Polimaster Equipment for Fukushima, Japan.

「Flexible Back Container」となってますね。どういうことだ!?w 「Flexible container Bag Monitor」とかの略かと思ってたんですが…。さすがに”back”は誤植でしょうw
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+