スぺクトルアナライザ「PRS-01」(Atom Komplex Prylad/AKP)が出品されて懐かしさを感じました

2014年04月14日
関連ワード:最新入荷情報
サードウェーブがスぺクトルアナライザ「PRS-01」(Atom Komplex Prylad/AKP)をAmazonに出品していました。出品日は2014年4月1日、現在の価格は84,240円です。

NaI(Tl)フィールドスぺクトルアナライザ PRS-01

φ40×40mmのNaIシンチレーターを搭載。1024chのADCとメモリが内蔵されています。測定モードはSEARCHモードとIDENTIFICATIONモードのふたつ。コンテナスタンドを地面に刺して、地表を測定したり、マリネリコンテナで食品も測定可能とのこと(スタンド、マリネリはオプション)。

パソコンとの接続はシリアルだと思ってたんですが、Amazonの説明を読むとUSBとなってますね。と、ここで、以前、実機を撮影したのを思い出しましたw

gc_973.jpg
「フードセーフティジャパン(FSJ)2012」(2012年9月)のサードウェーブのブースで撮影したものです。そういえば担当者が「これ、いいですよ~」みたいなことを言ってたような記憶も。もっといっぱい写真撮っておけばよかったなぁ。

[関連過去記事]
「フードセーフティジャパン(FSJ)2012」に行ってきました。面白いベクレルモニタがいろいろと

現在、メーカーの製品ページはありません。サードウェーブの紹介ページがあるのみです。

AKP:Портативного регистратора спектров ПРС-01 (404)
サードウェーブ:γ線放射線測定器・PRS-01型 NaIフィールドスペクトルアナライザー

なんだろう。もう製造されてないとか? 突然、アマゾンに出すあたりも怪しいw サードウェーブのこの感じ、売れずにどんどん値下がっていくパターンですな。もうちょっと様子を見とけば、もしかしたらもっと下がるかも!?

最後にひとつ。

gc_974.jpg
底面に端子接続部があるので立てられません。マリネリを使う場合はこのように支えておく必要があります。自作の台を作るのがいいかも? あるいは付属の三脚で垂直に立てられるかな?

というわけで、2年ぶりの対面に懐かしさを感じたという記事でしたw
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)