「はかるくん」貸出業務が終了しました~パブリックコメントが0件!w 「はかるくん」は今後どうなる!?

2014年03月24日
関連ワード:ニュース , はかるくん , 入札 , 資料 ,
gc_937.jpg
「はかるくん」の貸出業務ですが、2013年の秋まで、文科省はやる気満々でした。

【入札等の実施予定時期】平成25年12月を目処に入札公告し、平成26年4月から落札者による事業を実施
【契約期間】平成26年4月から平成31年3月までの5年間

[ソース]
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2013/08/28/1336948_13.pdf

ところが、2013年10月、入札監理小委員会からこんな意見がぶつけられます。

第286回入札監理小委員会(平成25年10月9日開催) 議事録

[関連過去記事]
「はかるくん」の入札にまつわる入札管理委員会と文部科学省のやりとり/「はかるくん」の新たな仲間

これを踏まえ、文科省は入札実施要項案を作成。

放射線等に関する学習用機器(簡易放射線測定器)の貸出に関する民間競争入札実施要項(案)

そして、パブリックコメントも募集しました。パブコメの受付開始日は11月11日、締切日は11月25日です。

「放射線等に関する学習用機器(簡易放射線測定器)の貸出に関する民間競争入札実施要項(案)」に関する意見募集について

さて、どんなパブコメが寄せられたのでしょう。

「放射線等に関する学習用機器(簡易放射線測定器)の貸出に関する民間競争入札実施要項(案)」について、平成25年11月11日から平成25年11月25日までの期間、郵便・電子メール・ホームページを通じて、広く国民の皆様から御意見の募集を行いました。

その結果、寄せられた御意見はございませんでした。今後とも文部科学行政に御協力いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

[ソース]
「放射線等に関する学習用機器(簡易放射線測定器)の貸出に関する民間競争入札実施要項(案)」に関する意見公募の結果について

gc_938.jpg
gc_939.jpg
gc_940.jpg
結局、入札がどうなったのかはよくわかりません。探してみたんですけど、見つからないんですよねぇ。

そして、「はかるくんweb」(一般財団法人 大阪科学技術センター 放射線等に関する学習用機器貸出事務局)は以下のようなアナウンスをしています。

○簡易放射線測定器「はかるくん」貸出業務終了のお知らせ○

いつも簡易放射線測定器「はかるくん」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。「はかるくん」の貸出業務は、平成26年3月末を持ちまして終了することとなりました。長きに渡りまして、皆様方にご利用をいただけましたことを感謝申し上げます。

なお、今後の取扱いについては文部科学省において検討することとなっておりますので、本件についてお問い合わせ等がございましたら、以下窓口までお願いいたします。

[ソース]
https://hakarukun.go.jp/

他社・他団体が業務を受け継ぐのであれば、こんな言い方はしないでしょう。現に2012年、公益財団法人 日本科学技術振興財団から一般財団法人 大阪科学技術センターに業務委託先が変わった際、こんなことは言われていませんでした。

「はかるくん」貸出業務に空白ができるのか、あるいはこのまま終わってしまうのか…。引き続き、「はかるくん」がどうなるかを見守っていきたいと思います。この業務、めっちゃ面倒くさそうだから、担い手を探すの大変でしょうなぁ(^^; 適当なところに依頼するわけにもいきませんし。

2014.06.02追記:貸出業務は続いているとの情報をお寄せ頂きました。コメント欄もご参照下さい。

ところで、この業務や放射線教育はエネルギー対策特別会計から事業費が捻出されています。その主な財源は電源開発促進税。おおもとを辿ると、原子力の推進、理解促進のために行われてきた業務です。

原発があろうがなかろうが、放射線はあるわけでして、放射線に関する教育ってのがあってもまあいいとは思います。ただ、財源が電源開発促進税で、貸出業務を請け負ったり、放射線教育の支援を行っているのがバリバリの原発推進系団体ってのは、どうなんでしょうね。

もっと純粋に、原発どうこう関係なく、アサガオを観察するかのごとく、校庭の片隅でニワトリを飼うがごとく、放射線授業ってのはできないもんですかね。ま、できないんでしょうなぁ(^^;

HORIBA通信機能付環境放射線モニタRadi(ラディ) PA-1100
関連記事
エアカウンターEX

前後の記事

コメント一覧

1077. 2014.03.27
富士電機のはかるくんは原価割れしてたから、事業として、撤退、堀場の独壇場だと思った。採算会わないんだよね。堀場も撤退!?
1083. 2014.03.29
驚きですね。
1086. 2014.03.30
一般市民への貸出用ですから、需要も少なくなったんでしょうね。気になる人は買ってますし、自治体でも借りられますし。

「らでぃ」主催の”放射線”授業は続いている模様です。こっちはこっちで…どうなんだとも(^^;
1143. 2014.05.16
右機種は富士です。赤字なんです。1台10万赤字、買わないで欲しい
1151. 2014.06.02
既出かもしれませんが、一応貸出事業は継続してます。
自分のところでも今年度(平成26年度)借りる予定です。

ちなみにウェブではなく、文科省に直接聞く必要がありました。
ウェブが出てないので、ここでは書いていいのか分からないので書きませんが、継続してある団体で貸し出しを行っています。

聞いたところでははかるくん事業が停止となった後、はかるくんの一部は各都道府県の教育委員会に照会して、県ごとに何台かは配布したと文科省では言ってました。

子供たちに触らせるにはいい機械だと思いますから、細々とでいいので続けて欲しい限りです。
1152. 2014.06.02
そうなんですか。情報ありがとうございます。
記事にも追記させて頂きます。
1211. 2014.09.06
 はかるくんwebが停止状態で,私も事業がなくなったのか気にしていました。私は福島事故の数年前から生徒分借りて毎年授業してきたので,事業の入札でごたごたしているとある関係者から聞いたときには,心配していました。
 文科省に直接ということですが,文科省に直に電話なのでしょうか?公開できる範囲でいいのでもう少し情報が欲しいです。
1212. 2014.09.06
文科省に直接、問い合わせてみてはいかがでしょうか? こういうことであれば、役所は意外と丁寧に教えてくれますよ。

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)