イラン不思議発見~Radan Parto製ガイガーカウンターの七不思議

2014年03月22日
関連ワード:コラム , デザイン ,
radanparto_000.jpg
Radan Partoというイランの放射線測定器メーカーを見つけました。「Raddigi 2005」という機種があったようですから、おそらく2005年以前には存在していたメーカーです。ぽっと出ではありません。

しかし、同社および同社製品がどうも不思議です。これまでに見たことのないパターンです。そこで”Radan Partoの七不思議”を紹介してみます。

1.NDSのパクリ? OEM?

radanparto_001.jpg
直近でアメリカのNDS Products社製品「ND-200PC」を紹介しましたが、Radan Parto社製品の本体には「NDF PRODUCTS」という文字が表記されています。ロゴもNDS Productsのものとソックリです。「ND-2000」(NDS Products)と見た目がまったく同じのサーベイメーターも扱っています。

仮にOEMだったとしても、ソックリなロゴをつけるというのが解せません。また、パクリにしてはあからさますぎます。どういうことなのでしょう。不思議です。

2015.06.03追記:NDS Products社からメールを頂きました。「これはfake」とおっしゃっています。fakeというと偽”物”というイメージですが、偽物というよりも、偽情報と呼んだ方が適切な気がします。偽物を作っているわけではなく、手元にありもしないものを販売しているかのように見せているからです。

いずれにせよ、後述の通り、そもそも企業としての実態すら疑われるような様相です。同社と取引しようなんて方は日本にはまずいないでしょうが、とりあえずご注意ください。追記以上。

2.SW83Aと同じ筺体。デザインはGRAETZ

radanparto_002.jpg
「Raddigi」シリーズは「SW83A」(上海朔旺仪器仪表有限公司)などの中国製放射線測定器と形、サイズがまったく同じです。

まあ、中国で製造していたり、筺体を中国から取り寄せたりって可能性もありますし、たまたま似ているだけかもしれないですけどね。

しかし、GRAETZをまったく知らずに「CROOCKS」シリーズを作ったとは言わせない!w さすがにこれは似てるでしょう。ボタンの配置も構成(機能の割り振り)も基本的に同じ。いえ、それをダメだと言っているわけではありません。いいものにインスパイアされ参考にすることはいいことです。ただ、これも実際のところはよくわかりませんから、なんだか似てるね、不思議だね、と。

3.メインスイッチ

radanparto_003.jpg
「CROOCKS」シリーズの本体向かって左上にはPOWERボタンがあります。そして右端には黒くて小さな「Main Switch」がついています。

テレビ等の主電源&パワーオン/オフというあれと同じ? 一応、マニュアルを読んでみました。ペルシア語のっ!w それぞれの説明はこうなっています。

ﺩﻛﻤﻪ ﻓﺸﺎﺭﻱ ﺭﻭﺷﻦ ﻭ ﺧﺎﻣﻮﺵ
ﻛﻠﻴﺪ ﺍﺻﻠﻲ ﻗﻄﻊ ﺗﻐﺬﻳﻪ ﺳﻴﺴﺘﻢ

やはり、右のスイッチは主電源ぽいです。放射線測定器でこれは初めて見ました。ここまで気にしなきゃいけないほどイランは電池不足?? てか、この構造で本当に電力消費を抑えられるのか!? まあ、使い方次第なんでしょうけど、不思議です。

4.デザインがパネェ!

radanparto_004.jpg
デザインというかCGというか。正直、私がこれまで見てきた放射線測定器メーカーの中で、群を抜いてレベルが高いです。3Dモデリング、フォトショ加工、写真とCGの合成が実にうまい。

中国の場合は、すべてベタなイラストにしちゃうんですね。だけど、Radan Partoは実機もあります。じゃあ実機で普通に撮影すればいいじゃないかと思うのですが、デザイン(色)のバリエーションはおそらくない。だから、パソコンで加工します。

しかし、単に写真を元に色味を変えてるわけじゃない。時に3Dモデリングから作り、時に写真とCGを合わせて、見事にバリエーションを生みだしています。すごいな。

そしてGRAETZソックリな「CROOCKS」シリーズは、ソックリではありますが、デザイン性バツグン。かっこいい。ヨーロッパ的オシャレさです。そもそも、マネするにせよ、GRAETZをマネしようとしている時点でオシャレです。

radanparto_005.jpg また、ホームページも見事です。センスありまくり。グレーとオレンジのバックには、かすかなノイズを入れ温もりを出しています。さらに、ほんの少しのグラデーションを入れ、薄いホワイトのラインを縦横に走らせ、立体感も演出しています。シンプルなアイコンもホームページの雰囲気にすごくあってる。

メチャクチャ凝ってるのに、だけど、おそらく多くの人は気付かない。普通にきれいなホームページだと思われる程度。このやり過ぎなさもニクい。しびれるなぁ。うらやましいなぁ。

あれ? 不思議の話じゃなくなってるぞ? てか、放射線測定器の話ですらないっ!w

5.LNDのGM管? アメリカから輸入??

Radan Partoには約10機種の放射線測定器があります。そのほとんどがアメリカ・LND社のGM管を使っているようです。スペック表を読む限りは。

しかし、イランですよ? アメリカからイランへGM管を輸出できるんかいな。このジャンルは相当に厳しい規制がかかってると思うのですが…。

ちなみに、日本の場合は法令で決められていて、詳しくは書きませんが、(国によっては?)輸出するのは大変です。普通の企業じゃ無理に近いのでは?

冒頭にも書いた通り、NDS ProductsのOEMというのも、実はここが引っかかる。イランでアメリカ製放射線測定器をOEMしたり販売したりできるのかなぁ。相当あっちこっち迂回して持ってくればできるかもしれませんが、コストがかかりそうだ。

6.ペルシア語がない

ホームページはすべて英語です。ペルシア語が一切ありません。これまた不思議。

調べてみたら、イランの富裕層は英語読める率はそれなりに高いみたいです。しかし、一般的にはそれほどでもなさそうです。いずれにせよ、イランのメーカーならペルシャ語があるのが普通でしょう。だってマニュアルはペルシア語なんですよ? なのに公式サイトは英語だけって…。

いったい、誰に向かってビジネスをしようとしているんだ!?

7.販売実績が見あたらない

これはRadan Partoに限らずよくあることではあるのですが、同社製品を他所で一切見かけない! 本当に販売されてる? 誰か買ってる? この会社、どうやって儲けてるんだ!?

不思議だらけのRadan Parto。だけど、確実に言えることがただひとつ。かっこいいw

【ザックリとしたモデル比較表】
機種名 カラー GM管 線種 PC その他
CROOCKS U121 黄色 LND7121 γX
Croocks-U13 グレー LND713 γX
Croocks-U12 LND712 αβγX
Raddigi 3000D LND713 βγX × バックライト有
Raddigi 3000C LND713 βγX × バックライト無
Raddigi 3000 グレー LND712 γX ×
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)