2014/03/17

「GM SURVEY METER NSM100」は富士電機製サーベイメーターの元祖!? またしてもとんでもないシロモノが出てきました

関連ワード:最新入荷情報 , 富士電機 , history ,
ヤフオク!の利用規約改定を求む!

「放射線測定器を出品する者は詳細かつ大量に写真を撮り投稿すること」

この一条を加えれ!www

というわけで、またもやすごいものがヤフオク!に出品されました。

gc_920.jpg
gc_921.jpg
gc_923.jpg
放射能測定機GMサーベイメーター ガイガーカウンター


写真から見て取れるのは…

GM SURVEY METER NSM100

この文字だけです。しかし、私たちはもうわかります。このフォルム、この品番、ハンドルの形状、すべての情報を合わせますと、間違いなく富士電機製です。そう考えると、本体下部そして側面のかすんだ文字も、「FUJI ELECTRONICS」と読めそうな気もしてきます。

さらに、もしかしてこれは純・富士電機製としては初となる民生サーベイメーターかもしれない。そう予感させます。その根拠は「NSM100」にあります。

”SM”は富士通テン時代の型番です。このシリーズは富士通から放射線測定器事業を引き継いだ富士電機がリリースしていました。その一例が「SM-102」です。

gc_862.jpg
[関連過去記事]
奇跡のガイガーカウンター「SM-102」~神戸工業、富士通、富士電機の放射線測定器的歴史をひも解く

次に頭の”N”。ご存じの通り、現在の富士通製サーベイメーターも頭文字がNです。Nが何を指しているのかはわかりませんが、この一致が偶然だとは思えません。

そして数字はキリのいい”100”。ここから富士電機のサーベイメーターが始まったと想像するのは、決しておかしなことではないでしょう。

ここで、富士電機の歴代サーベイメーターを並べてみます。

gc_924.jpg シンチレーションサーベイメーター「NSP410B1-Z」。

[ソース]名古屋大学アイソトープ総合センター

gc_925.jpg 低エネルギーγ(X)線用、NaIシンチレーションサーベイメータ「NHC4」。

[ソース]名古屋大学アイソトープ総合センター

gc_926.jpg 詳細不明の「NHE」(製品名も正確かどうか不明)。

[ソース]原発を考える会・玉川学園

gc_927.jpg 現行機、GMサーベイメーター「NHJ120」。

[ソース]富士電機

もちろん、現行機は他にもいろいろあります。過去のモデルはたまに見かけてはいたんですが、特に保存していたわけでもないので、見つけ次第、追加していきます。

で、このように並べてみると、やはり「NSM100」は富士電機製のような気が…。てか、レンジレバーなんてまったく同じじゃんw

またまたお願いです。出品者、もしくは落札者の方、側面のシールや本体下部の文字など、その機種に関する情報がわかるようなアップ写真を送って下さい!m(_ _)m これまたひじょーーに貴重な一品ですよっ!

ああ、私にあり余るほどの資力があれば…w

※富士通時代からハンドルはL字。いまでもL字…
関連記事

コメント

非公開コメント

あのね。サーベイメーターや、線量計を最初に作ったのは富士電機ッス。今はアロカのサーベイメーターが一番みたいに言われるけどなんか不愉快。


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+