2014/03/13

MiniTRACE Gamma S10 / S100

関連ワード:フランス , SAPHYMO , サーベイメーター ,
MiniTracegamma_004.jpg
製品仕様
メーカー SAPHYMO[公式]
検出器 GM管
測定可能放射線 γ線、X線
線量率範囲 S10:10nSv/h~10mSv/h
S100:1μSv/h~100mSv/h
※備考欄参照
積算線量範囲 1μSv~1Sv
アラーム機能 S10:0.2、0.5、1、2mSv/h
S100:2、5、10、20mSv/h
※ソフトウェアで設定
計測時間 反応時間:2秒
※1~60秒(自動調整)の積算値から算出
エネルギー感度 S10:42keV~1.8MeV
S100:48keV~2MeV
バッテリー 単3電池×2本(2000時間)
使用環境 -20℃~+50℃
寸法(mm) 139×82×24mm
重量 175g(電池含む)
【白】【オレンジ】【赤】
備考・その他 感度:S10 5500pulses/μSv、S100 2500 pulses/μSv
インターフェイス:赤外線
保存データ:線量率650点

S10とS100の差は測定範囲です。GM管の違いに起因する差だと思われます。

データ保存できるのは「MiniTRACE Gamma S10-S / S100-S」という名称かもしれません。

サイト上のスペックとPDFリーフレットで、若干スペック表記が異なっています。たとえばS10の線量率や電池寿命など。リーフレットを優先してまとめました。

MiniTracegamma_003.jpg 赤だったりオレンジだったり、ボタンが1個だったり2個だったり、いろいろなバリエーションがあります。これらの差がいまいちよくわかりません。さらに、前メーカーであるGENITRONのロゴが入っているものもあります(現在はもちろんSAPHYMOロゴ)。

同シリーズには

・MiniTrace γ S10
・MiniTrace γ S100
・MiniTrace β B-30
・MiniTrace β C-10

があります(ありました)。ただ、2011年以降にモデル整理されたような感じがします。現在の正確なラインアップはよくわかりません。

1台でシーベルト・ベクレル・CPSの3つの単位で測定可能!『ガイガーカウンター miniTRACEβ(ミニトレースベータ)CSDF』

[関連過去記事]
ガイガーのグレートジャーニー~SAPHYMOとThermo Fisher Scientificのニアミス
「MiniTrace (β) CSDF」の詳細がわかりました
「MiniTrace」とSAPHYMOまとめ。なのか?w
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+