Morpho Detectionが核種同定機能付スペクトルサーベイメーター「Source ID」をもう間もなく(?)リリース

2014年02月20日
関連ワード:ニュース , スペクトル ,
sourceid_002.jpg
Morpho Detectionという企業(SAFRAN傘下)が2014年の早い時期に「Source ID」という核種同定機能付スペクトルサーベイメーターをリリースするようです。

これは「actical Defense Media」というウェブメディアが発行している「CST & CBRNE Source Book」の最新号”Winter 2013/14”で、Morpho Detectionの担当者が語っていることからわかりました。

以下、該当記事である「SENSE AND IDENTIFY The Latest in Handheld Radiation Detectors」(by George Jagels)から、同社および新製品「Source ID」に関連する箇所を引用してみます。

sourceid_001.jpg Morpho’s RIID, the Source ID, which will be released in early 2014, has “custom electronics [that] measure the interaction of the electrical signals to determine the location of the radiation source,”according to Lester Koga, Director of Strategy at Morpho Detection.

“Current SourceID CZT energy resolution is measured at ~1.5% FWHM at 662 keV, compared to NaI at roughly 7 to 9 percent and LaBr at 3 to 4 percent. And lower energy resolution enables more accurate isotope identification,” he continued.

SourceID can be operated in a “Tripwire” mode, where the unit is on, but only monitoring background levels of radiation. Once a threshold is reached, Koga said, it will “trip” into full spectral mode and begin identifying the isotope. Additionally, Koga told us that SourceID will be the first commercially available product that provides directional data.

The SourceID, which will debut soon in the U.S., has customizable user levels to accommodate the novices and experts. “A lot of time was spent on the development of usability features,” Koga said. “For example, the device has a top cap display which gives the user access to all critical features while holstered on a belt.”

興味深いことが満載なのですが、この言い方からすると2画面ということでしょうかね。そして写真を見ると、上部を伸ばし、検出部を表出させるような構造になっているようです。リリースされ一般ユーザーの目にもわかるような情報が出てくるのを期待して待ちたいと思います。

なお、この記事には他に、FLIRの「identiFINDER R400/R300」、Thermo Fisher Scientificの「RIIDEye」、Smiths Detectionの「RadSeeker」も登場します。軽い内容ではありますが、各メーカーの担当者の談話が聞けるというのも面白いですよ。

2014.06.06追記:どうも秋ごろにずれ込むようです。よくあるパターンですがw

This fall Morpho Detection expects to release a new handheld device for detecting radiation. SourceID, which is uses a cadmium zinc telluride detector. In addition to providing radioisotope identification, SourceID will be the first commercially available system with real-time directional data to allow operators to obtain the direction from which the radiation originates, allowing for a more localized inspection of suspect cargo.

[ソース]http://www.defensedaily.com/eletters/hsr-april-9-2014/

2014.07.09追記:公式サイトでサクっと紹介されました。

SOURCEID WILL REVOLUTIONIZE THE DETECTION AND IDENTIFICATION OF RADIATION
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)