2014/02/10

Electra / Selectra

関連ワード:アメリカ , ThermoFisherScientific , サーベイメーター ,
electra_001.jpg
製品仕様
メーカー Thermo Fisher Scientific [公式]
検出器 GMモデルはエネルギー補償型GM管内蔵。他はなし
測定可能放射線 α線、β線、γ線、X線
※プローブに依存。以下同
線量率範囲 0.1~20,000μSv/h(GMモデル)
積算線量範囲 -
計数率 0.1cps~100kcps / 1cpm~1000kcpm
アラーム機能 あり
計測時間 -
エネルギー感度 GMモデル:60keV~1.25MeV
バッテリー 単1電池×3本(90時間)
使用環境 -20℃~+50℃ / ≦95%(40℃)
GMモデル:-10℃~-40℃
寸法(mm) 135×110×250mm(ハンドル含む)
GMモデル:135×110×300mm(同上)
重量 1.22kg(電池含まず)
GMモデル:1.42kg(同上)
【グレー】【オレンジ】
備考・その他 「Electra」は大別すると、スタンダードモデル、GMモデル、PLUSモデルの3タイプがあります。GMモデルはGM管内蔵、PLUSモデルはPC接続可能です(RS-232)。プローブのコネクタはPET(1A)もしくはMHV(1B)。GM管を内蔵し、PC接続ができ、プローブのコネクターがMHVだと、「ELECTRA GM PLUS 1B」という製品名になります。

「Selectra」はTFSのIシリーズプローブに対応したモデルで、プローブの自動判別機能があり、より高度な設定が可能となります。

対応単位はdpm、Bq、Bq/cm^2、R/h、Gy/h、μGy/h。最大5000秒までの積算機能。バーグラフ表示。αβ用には別のアラーム音。400~1400Vの電圧調整(5V刻み)。ピークホールドモード(PLUS)。とにかく、ここに書ききれないほど多機能です。

もともとはNE Technologyというイギリスメーカーの製品でした。TFSが同社を買収し、現在はTFS製です(冒頭の写真はNE製。現バージョンとハンドル部分等に差あり)。イギリス生まれということもあってか、同国内でよく使われているようです。

[関連過去記事]
セラフィールドとNUVIAのイギリス紳士な放射線測定器「Electra」で、川口浩探検隊を思い出した

余談ですが、TFSの生産拠点はドイツ。同機はイギリス生まれ。しかし本社はアメリカ。ということで、当サイトではカテゴリーはアメリカとしています。RADOSはフィンランドですが、Mirion Technologiesなのでアメリカ、ってのと同様ですw
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+