2014/02/06

NukAlert

関連ワード:アメリカ
NukAlert_002.jpg
製品仕様
メーカー KI4U [公式]
検出器 Patented CdS photo resistor coupled to a rare earth phosphor scintillator
測定可能放射線 γ線、X線
線量率範囲 100mR/h~5,000R/h(音のみ。数値表示なし)
積算線量範囲 -
アラーム機能 0.1、0.2、0.4、0.8、1.6、3.2、6.4、12.8、25.6、50R/hの10段階(50R/h以上は線量率に比例して増える)
計測時間 反応時間
100mR/h:3~4分
1R/h以上:数秒
エネルギー感度 20keV~2MeV
バッテリー 音がならなければ10~15年(メーカーで交換可能)
使用環境 -20℃~+50℃
寸法 1.75"×1.25"×75"
重量 1.0oz
【黒】
備考・その他 キーホルダー型の放射線検出器です。

検出器ですが、日本語マニュアルによると、

希土類蛍光体(放射線検出体)が発する光を受け取る硫化カドミウム光電素子で作られています。

とのことです。「NukAlert BBT Program」に沿って電池交換等をしてもらえます($40)。

警告音が発せられる下限は0.1R/h≒1mSv/h。近くで核戦争が起こるか、福島第一原発で作業するかじゃないと鳴りません。ただ、本当に核戦争が起こったら、この機器が反応を示すより先に、周りを見て「やばい」とわかるはずです。そして、線量なんてことよりも気にしなきゃいけないことがあるでしょう。

また、福一に持って行っても「うるさい」と怒られ、没収される気もしなくはないです。
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+