2014/02/05

ECOLOG mini(ЭКОЛОГ мини)

関連ワード:ロシア , サーベイメーター ,
ecologmini_001.jpg
製品仕様
メーカー РОСТЕХНИКА [公式]
検出器 GM管(СБТ-9/SBT-9)×2本
測定可能放射線 γ線、X線
線量率範囲 0.1μSv/h~99.99μSv/h
※Rあり(10~9999μR/h)
積算線量範囲 0.001~9.999mR
アラーム機能 30、60、120、250μR/h
計測時間 10秒、33秒
エネルギー感度 γ線:50keV~3000keV
β線:50keV~3500keV
α線:3000keV~10000keV
バッテリー 9V乾電池(400時間)
使用環境 -15℃~+50℃
寸法(mm) 100×60×26mm
重量 0.125(電池含む)
【黄】
備考・その他 よくわからないことが数点あります。

・積算、アラーム閾値はRだけしか書かれてない
・なぜ33秒w
・測定サイクルは10秒、33秒。だけど、МАД(=Sv)は10秒、МЭД=(R)は33秒とも書かれている。どういうこと?

SvとRしかないので、メーカーはαβを測定できるとは言いません。このメーカー(ショップ)は、毎度のことながら、ここら辺がしっかりしてるなぁという印象です。

ただ、なんだかヘンテコリンです。端窓GM管であるСБТ-9(SBT-9)を2本搭載してるってのは初めて見ました。さらに、側面に開口部を設けているのも記憶にありません(公式サイトに開口部の写真は掲載されていません。開口部があると確実には言えません)。

ecologmini_003.jpg
ecologmini_002.jpg

なんだろうなぁ。旧「HUNTER」=「ЭКОЛОГ(ECOLOG)」の流れで、端窓の「ECOLOG plus(ЭКОЛОГ плюс)」が生まれました。これとは別のラインで小さいサイズのシリーズを作りだします。当機「ECOLOG mini(ЭКОЛОГ мини)」と「~ФОРА」「~профи」です。

つまり、ECOLOG(ЭКОЛОГ)シリーズは5モデルあるのですが、その住み分けをメーカーがどう考えているのか、なぜこんな分け方にしたのかがよくわからないのです。もっとうまくできただろうに…(^^;

これから”ФОРА”と”профи”もまとめていきます。その過程でメーカーの気持ちが理解できればいいなぁw

なお、”ЭКОЛОГ”は英語表記に直すとECOLOGですが、意味はecologistです。

5800RUBだから約1万7000円か。なかなか。コンパクトで外観もシンプルでかわいい。GM管2本だし、結構いいと思うんですけどね。原子マークは個人的にはダサいと思いますが(^^; メーカーさーん、cpmつけて、上代で1万5000円くらいなら、かなり売れると思いますよ~w
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+