2014/01/10

放射線測定器の向こう側~自然を愛する社長たち

gc_797.jpg

[ソース]Magadan.by:Аконкагуа. Восхождление. Февраль 2012

Polimaster(ベラルーシ)の社長(会長?)、ルドミーラ・アントナウスカヤさん(Liudmila Antanouskaya / Людмила Антоновская)。International Medcom Inc(IMI)のダン・サイスさん(Dan Sythe)と並んで、よく表に出る社長さんです。

山登りが趣味で、イモトが登れなかったアコンカグアも登頂。自身の登山記を各所にたくさん寄稿しています。冒頭のように、写真もたくさんアップされています。

腕にはいつも「PM1208M」w ベルトは茶色い革ですね。黒い革バージョンはあるようですが、茶色もあるのかな? 自分で取り替えたのかな? ちょいと重いですから、特に女性の方はステンレスベルトだったら替えるのがいいかもです。

[関連過去記事]
Polimaster社の女社長がPM1208Mを装備して、6962mの山を登頂w

そんなアントナウスカヤさんは、あるサイトでこんなことを言っています。

Я помню, что меня поразило одно научное открытие, что в человеческом теле, все частицы (протоны, нейтроны, электроны...) все частицы постепенно обновляются. То есть электрон может улететь, но другой электрон станет на его место. И так непрерывно. Причем, АБСОЛЮТНО весь состав частиц заменится в течение 7 лет! За человеческую жизнь это обновление происходит множество раз. И тогда спрашивается, что держит все эти частицы, что бы человек был таким, как мы его привыкли видеть? Потому что, по сути, человеческий организм подобен водовороту .... который существет только под действием центробежной силы..

Так вот в горах я как-то по-особенному чувствую вот эту силу. Свою волю и ту силу, которая выше моего разума.

А еще я чувствую.... хотя ты и не поверишь... я чувствую силу гор. Силу стихии. Силу земли. Силу планеты. Я осознаю, какая я маленькая, по сравнению с горами, какая я юная по сравнению с горами, какая я уязвимая по сравнению с горами. Но от этого сравнения я почему-то делаюсь только сильнее! Я понимаю что мир, такой какой он есть – огромный и бесконечно сильный. А так же я понимаю, что именно моя способность всё вот это почувствовать и осознать – делает меня выше и сильнее.

[ソース]Magadan.by:Монблан 2009

前段の”7年人体入れ替わり説”はさて置き(^^;、ここではなぜ登山をするのかということが書かれています。自然の力を感じ、自然の前では自分がいかに非力かを思い知らされ、だけど、そうすることによって強くなれる、と。

ありがちな話ではあるのですが、一般的にあまり表には出ない放射線測定器メーカーの社長がこんなことを言っているのかということがわかり、興味深い文章ではあります。

次はS.E. Internationalの社長、スーザン・スキナーさん(Susan Skinner)。こちらは情報がまるでなく、ずっと調べていたのですが、ようやくひとつだけ彼女に関する情報を得ることができました。

Susan Skinner, Co-director

gc_798.jpg Susan has lived in an intentional community in Summertown Tennessee for over 30 years was on their Foundation board of directors. She is president and owner of S.E. International, Inc. which has grown from a small electronics startup to a multi-million dollar international firm. Susan has worked with nonprofits including Greenpeace, Plenty International and the Sacred Fire Foundation. She is an initiated weatherworker in the Nahua indigenous tradition of Mexico and has been participating in pilgrimages in the Huichol tradition, also of Mexico, since 2005. She also serves her community as a Sacred Fire Community Firekeeper.

[ソース]Sacred Fire Community:Who is the Sacred Fire Community?

大変興味深い記述です。そもそもこの団体自体があれなんですが、メキシコでシャーマン(weatherworker)をやっているとw すごいな。

S.E. International設立当時から彼女はサマータウンにいました。サマータウン=ヒッピー。彼女のこうした経歴を見ると、ダンさんやスーザンさんがサマータウンという地を選んだというのは、決して偶然のことではないということがわかります。

[関連過去記事]
Dan Sythe(ダン・サイス)のサマータウン~ヒッピーとInspectorあるいはカウントの意味

そういえば、ダンさんはハワイ好きですね。

gc_799.jpg

[ソース]FB:Dan Sythe

奥さんはハワイ出身の方かな? てか、そのTシャツ!www ラブラブですw

ハワイのスラックキーギターを愛し、しょっちゅうハワイへ行き、ハワイの雰囲気が漂うカリフォルニアで現在、IMIの社長をしているダンさん。ハワイの伝統、文化、自然に惹かれているんでしょう。

さて、放射線測定器メーカーと聞いて、どんなことを想像しますか? 真っ白なラボっぽいオフィスに、白衣を着たエンジニアや研究者がいて、怪しげな電子機器が並び、放射能マークのステッカーの貼られた重そうな扉があって…。これは大げさかw

ただ、とても堅苦しく、サイエンティフィックな匂いがプンプンする。そんなイメージはあるんじゃないでしょうか。しかし、これまで見てきた通り、3人の社長は自然や精神世界も大好きです。彼・彼女らの背景には海や山がいっぱいありました。

科学、自然、精神。これらは決して相反するものじゃなく同居しうるものなんだ。科学やら電子機器やらに囲まれていると、余計に自然が恋しくなり、精神性を重んじるようになるのかなぁ。3人の社長を見ていると、そんなことを思ったり。あー、こういう人たちが社長をやっているからこそ、そのメーカーが作る製品も魅力的なのかな。

いずれにせよ、社長さんの顔が見えるのって、なんか楽しくないですか? いろいろ想像させてくれる、その向こう側に人が透けて見える製品。私はそういう製品が好きです(^^
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+