dosimeter.comというドメインに隠されたArrow-Techの陰謀~FEMAが放った13本の魔弓(冗談

2014年01月07日
関連ワード:コラム , history , CivilDefense ,
ricon_001.gif 突然、なにこれ?

ricon_002.gif いや、年末、長ったらしい記事が続いたでしょう。だからたまにはこういうことをしてみようかなーと。

ricon_001.gif 余計に読みにくかったりしてね。それはさておき、らでぃかるくん、ちょっと面白いことを発見したんだ。geigercounter.comというドメイン、誰が所有してるか知ってる?

ricon_002.gif International Medcomでしょ? 今はダンさんの個人ブログみたいになっちゃってるけど(笑)

ricon_001.gif なんだ、知ってたのかー。けど、すごいよね。よくこんなビッグワードで取れたよなぁ。

ricon_002.gif 1999年に作られたドメインでしょ。意外と最近だよね。そこまでよく取られなかったなぁ。同じような話で、dosimeter.comってのもあるんだよねぇ。

ricon_001.gif へー。それもすごいなぁ。どんなページかなっと…
http://www.dosimeter.com/
これは放射線測定器メーカーのサイト?

ricon_002.gif そうそう。Arrow-Techというメーカーね。今回はこのメーカーに関して語っていこうかなと思ってるんだ。ポイントは、メーカー名がArrow-Techなのに、なぜドメインがdosimeter.comなのか、放射線測定器メーカーなのに、なぜ企業名がarrow=矢なのかってこと。

ricon_001.gif 最初のクエスチョンは簡単じゃん。だってホームページに書いてあるよ。「当社は世界で唯一現存する、直読式線量計(Direct-Reading Dosimeter)を作っているメーカーだ」って。だからでしょ?

gc_795.jpg

ricon_002.gif ふふふ。甘いな。そんな簡単なことなら、わざわざこんな面倒な書き方で記事にしないよ。じゃあ、このサイトを見てみて。
http://www.arrowtechinc.com/
ほら、「Our web site location has moved.」と書いてあるでしょ。つまり、Arrow-Techはもともと、arrowtechinc.comというドメインで公式サイトを展開していた。そして、いつからかdosimeter.comに変わったということ。社名のついたドメインもちゃんと持ってるんだよ? なのに、なぜわざわざdosimeter.comに変えたんでしょう?

ricon_001.gif だからぁ、線量計推しだから、ドメインもそうしたんじゃないの? あまり有名じゃない企業名より、dosimeterのほうが言葉として広く認知されてるもん。

ricon_002.gif まあ、結論としてはそうなのかもしれないけど、これには深ーいわけがあって、まずはArrow-Techが設立された経緯から話そうか。

Arrow-Techが設立されたのは1982年。設立したのはなんとFEMA(Federal Emergency Management Agency/アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)! 設立後もFEMAがコントロールしてたようだから、実質的に国営企業のようなものだね。

ricon_001.gif どうしてFEMAはこんな企業を作ったの?

ricon_002.gif そこはちょっとよくわからないんだけど、当初はMirion Technologies(MGP)やS.E. Internationalのディーラーでもあったのね。オリジナル製品としては直読式線量計しかなかったみたいなんだ。ということから考えると、直読式線量計を製造するために作ったのかもしれないね。

ricon_001.gif だけどさ、当時はすでに電子式の個人線量計があったわけでしょう。直読式線量計の需要なんて、下がっていく一方だったと思うよ? なのに、国がわざわざ企業を設立してまで作るかなぁ。

ricon_002.gif それは逆かもね。Arrow-Techが設立される以前から、同じような直読式線量計はあった。設立されて突如作りだしたとは考えにくい。つまり、1980年代に、直読式線量計を作っていた大きな老舗メーカーが潰れて、国としては直読式線量計の製造ラインがまったくストップしてしまうのは困る。だから企業を作ったんじゃないかな。

らでっくすくんの言う通り、直読式線量計なんて下火なんだから、作っていたメーカーが潰れてしまうってのはわかるし、私企業がこれをまともに引き継ぐとも思えない。だから、国がある程度の予算を投入して存続させようとした。そう考えるのがむしろ筋のような。

ricon_001.gif なるほどねぇ。まあ、Arrow-Techの設立の経緯はわかったけど、例のdosimeterドメインの件は?

ricon_002.gif dosimeter.comというドメインは1997年に作られたんだけど、結論から言うとこのドメイン、Dosimeter Corporation of America(DCA)という企業が作って所有してたんだ。

DCAの歴史について語り出すと、マンハッタン計画、冶金学研究所なんてことにもつながっていって、とんでもないことになるから、この件に関しては記事の最後に付録としてまとめておくよ。

で、DCAは直読式線量計やサーベイメーターを作っていたんだけど、2007年にArrow-Techに買収されるんだ。結果、dosimeter.comの所有権もArrow-Techに移ったというわけ。そして、さっき、らでっくすくんが言った通り、こんなすごいドメインを手に入れたんだから、Arrow-Techが放っておくわけがない。メインのドメインとしてこれを使い始めたんだね。

[ソース]The American Society for Nondestructive Testing:Materials Evaluation - October 2011

余談だけど、Arrow-Techは1996年にFEMAの統制から抜けて私企業になってる。とは言っても、FEMAとのもろもろの契約は続いて行ったし、今でもFEMAあるいはその上層機関・DHS(Department of Homeland Security/アメリカ合衆国国土安全保障省)とは深い関係を持ってる。

ricon_001.gif ドメインがほしくてDCAを買収してたりして(笑)

ricon_002.gif うん、冗談のように思うかもしれないけど、大げさに言えばそういうこともあったかもしれないよ。DCAはDCAで苦しかったと思うんだ。それほど大きな企業じゃないし、ちょこちょことサーベイメーターや線量計を作ってたって儲からないし。

一方、FEMAから独立したArrow-Techとしても、国の庇護が薄くなった分、がんばんなきゃいけない。そんな時、”世界で唯一”と堂々と言うには、競合メーカーであるDCAは邪魔だったし、線量計推しでアピールしたいArrow-Techにとって、dosimeter.comというドメインは喉から手が出るほどほしかったはず。

ドメインほしさだけでってことはないだろうけど、それが一因としてなかったとは言い切れないよね。だって、DCA買収後、DCAが作っていた直読式線量計は作られなくなっちゃったし。少なくとも、製品だけをターゲットにした買収ではなかったんじゃないかな。

ちなみに、上のガイガーカウンター「Model 3007A」はもともとDCAが製造していて、今はArrow-Techが製造・販売しているものね。

ricon_001.gif ドメインひとつに、意外な事実が含まれているんだねー。ところで、もうひとつのクエスチョン、「なぜarrow=矢なのか?」は? 確かに、放射線測定器メーカーとはかけ離れた言葉のチョイスのような感じもするけど。

ricon_002.gif らでっくすくん、ここからはナイショの話だよ。誰にも言っちゃいけないよ。

ricon_001.gif なになに? どういうこと? そんなヤバイ話なの?

ricon_002.gif まずはこれを見て。

gc_796.jpg

これはアメリカの国章で、FEMAも使っているマークなんだけど、13個の星が六芒星の形で並び、ハクトウワシは13本のストライプで作られた盾に守られ、右足で13枚の葉のついたオリーブの枝を、そして左足で13本の矢を掴んでるよね。

ricon_001.gif え? どういうこと? ちょっと怖いんですけど。なんで13? そして矢が出てきたよ!

ricon_002.gif 時間も月も12まで。使徒も12人。その次の13はこの世にあってはいけないもの。そして13番目の天使がサタン。一方、13は英語でthirteen。teenの”はじまり”。カードは13枚で13はキング。始まりにして終わり。サタンであってキング。13はこの世とあの世を…

ricon_001.gif ちょ、ちょっと、らでぃかるくん、目がヤバいよ! ここは放射線測定器のサイトだよ!

ricon_002.gif 冗談、冗談(笑) 話を戻すと、矢ってのは戦争を意味していて、だからタカは平和のシンボルであるオリーブのほうを向いてるんだけど、とりあえず、アメリカ人にとって矢というのは軍事的な意味合いを持ってるってことなのね。

で、FEMAがFAATリスト(FEMA Acronyms Abbreviations & Terms)てのを作ってるんだけど、これはFEMAをはじめとする関連機関が使う頭字語(acronym)や略語(abbreviation)のリスト。この中にarrowが出てくるんだ。

BROKEN ARROW:Nuclear Accident (codeword)

[ソース]Fema Faat - Federal Emergency Management Agency(doc)

”折れた矢”=原発事故をはじめとする核関連事故という一種の隠語だね。つまり、arrow=核(原子力)ってこと。こういうイメージから、放射線測定器メーカーにarrowって名前をつけたんじゃないかな。

ricon_001.gif なんだ。びっくりさせないでよ! Arrow-Techにはとてつもない陰謀が隠されてるのかと思ったじゃん。そんで、いま調べたらアメリカは13州で独立したから…

ricon_002.gif らでっくすくん、実はね、FEMAという機関はREX-84プロジェクトやOperation Garden Plotという世にも恐ろしい計画を極秘裏に進行してて…

ricon_001.gif わわわわわわわわ。聞かない聞かない。

ricon_002.gif ウソウソ(笑)

ricon_001.gif もう! どうすんの、この記事? ちゃんと収拾つけてよ。

ricon_002.gif はいはい。じゃあ、arrowだけに…

ricon_001.gif だけに?

ricon_002.gif そんなこともあろうという記事でした。

ricon_001.gif いやいや、それはないよ! つまんない! こんなオチじゃ全国10万人の読者が…

ricon_002.gif そんないねーよっ!

【お詫び】
Dosimeter Corporation of America(DCA)に関しては後日、また改めて直読式線量計とともにご紹介します。”ポケット線量計”なんて言葉の”誤用”もここから来てるんですが…疲れたw
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)