2013/12/13

ポリマスター パシフィックがAmazon出店。iPhone接続タイプのガイガーカウンター「PM1904 POLISMARTⅡ」などを発売開始

関連ワード:ニュース , Polimaster , dosimeter問題 ,
表題の通り、Polimasterの日本法人、ポリマスター パシフィックがAmazonにて販売を開始しました。

Amazon:Polimaster Pacific株式会社

現在のところ、取り扱っている商品は腕時計型のガイガーカウンター「PM1208M」とiPhone接続タイプのガイガーカウンター「PM1904 POLISMARTⅡ」の2機種です。

ポリマスター パシフィックの公式サイトの「PM1904 POLISMARTⅡ」の説明はいかがなものかと思いますが、Amazonの説明はそこそこいい感じですね。ちなみに、おそらくは伝え方(リリースの書き方?)が下手だからこうなってしまっているんでしょうけど(記者の無知もあるでしょうが)、ASCIIの記事ではこんなタイトルになってます。

ポリマスター、iPhoneに接続する個人用線量計を発売

すでに放射線測定器を使っている、そして放射線測定器を少しでも正しく理解しようとしている私たちは、”個人用線量計”なんて言葉は絶対に使わないようにしましょうねw 私は線量計という言葉すらも危ういと思っとります。

ちなみに、Polimaster本国の公式サイトには同機の説明において、「dosimeter」(≒線量計)という言葉を一切使っていません。「dosimeter」という言葉を使っていても注意が必要なんですが、使ってもないのに「線量計」とは、もはや誤訳ですらなくメチャクチャです。では、なんと言っているか。

Сигнализатор-индикатор гамма-излучения для iPhone® POLISMART® II СИГ-PM1904

[google翻訳] Warning indicator of gamma radiation for iPhone ® POLISMART ® II SIG-PM1904

[ソース]http://polimaster.ru/products/electronic_dosimeters/personal/pm1904_polismart_sup_sup_ii/

言葉通り訳せば「警報機」くらいな感じでしょうか。まあ、「放射線測定器」と普通に訳しておけばいいだけのことです。少なくとも「線量計」とは言っていません。

※英語版も見てみました。やはり「dosimeter」という言葉は使われていません。「Radiation Detector」と言っています。なのに、なんで日本語だと「線量計」になるんだよっ!w

しつこいですか? 大丈夫。こんなこと言ってるの当サイトだけですから。しつこいくらいでいいんですw だって、”専門家”ですらちゃんと説明してくれてなんですから。まったく…。

線量計という言葉が放射線測定器全般を指す。これは間違いではないでしょう。ただ、

・線量計という言葉は個人線量計という言葉と似ている
・線量計と言うだけではサーベイメーターか個人線量計かがわからない

結果、線量計という言葉を使うことで、以下のような弊害が起こります。

・放射線測定器にはサーベイメーターと個人線量計というものがあり(=実用量の種類)、使用目的に応じて適切にチョイスしなければいけないという正しい知識の伝達を、線量計という言葉が阻害する。

・コミュニケーションの場において、線量計という言葉が同じ意味で使われているとは限らず、いらぬ議論を引き起こす。

ひとつ例を挙げます。

”積算線量計”という言葉もあります。最大限広く解釈すれば、積算できる放射線測定器ということですから、「TERRA MKS-05」や「DC-100」もこれにあてはまります。

一方、「PDM-122」や「DoseRAE 2」も積算線量計と呼べるでしょう。しかし「TERRA MKS-05」はサーベイメーター、「DoseRAE 2」は個人線量計です。両者はまったく異なるものです。なのに、いずれもが”積算線量計”と呼べてしまいます。

さて、知識のない人が”積算線量計”という言葉を知ったらどう思うでしょうか。どんな風にして放射線測定器を選ぼうとするでしょうか。「DC-100とDoseRAE2、どっちがいいかな」なんてことになるわけです。

当サイトではこうしたことを1億6000万回書いています。これは初心者の方に注意を促すという意味もあるのですが、と同時に、ちゃんとわかってる方(専門家やメーカー含む)、あなたの言葉ひとつが、初心者の方に大きな誤解を与えるんですよ。気をつけて下さい。という意味も込めています。

とりあえず、Amazonにおけるポリマスさんの説明(なのかな?)はそれなりによかったのでひと安心、という記事でした。

※事態をさらにややこしくさせるのが、”dosimeter問題”(c)GCC なんですが、これに関しては、当サイトの過去記事でも読んでみて下さい。

※サーベイメーターも個人線量計も指し示す数値はそれほど変わらないから…みたいなことを言う人がいます。どうぞご勝手に。ただ、私はそういう無責任を初心者の前で言いたくない。まずは正しい基本的な知識があってこそ。その先で、両者を比べたりなんなりするのは自由ですが。
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+