ミッキーマウスの”ゲームウオッチ”がガイガーカウンター!?

2013年11月12日
関連ワード:コラム , history ,
electronika_001.jpg

ゲームウオッチ? いいえ。ガイガーカウンターですw 本体には「дозиметр(dosimeter)」とも書かれています。

そもそもこれは任天堂の「ゲーム&ウオッチ」、通称”ゲームウオッチ”ではありません。ソ連(もしくはロシア)でゲームウオッチの海賊版として流通していた「Electronika(Электроника)」です。

electronika_002.jpg electronika_003.jpg electronika_005.jpg

冷戦時代、軍事技術等の流出を防ぐため、対共産圏輸出統制委員会なるものが設置され、ここが輸出規制を敷いていました(COCOM)。このため、世界的にヒットを飛ばしていたゲームウオッチですが、ソ連には輸出されていなかったんですね。そこで、ソ連では「Electronika」という海賊版が普及していました。冒頭の画像はこの「Electronika」です。

ちなみに、ミッキーマウスのゲームウオッチはありますが、ミッキーマウスがボールのようなものを投げ、これを猿がキャッチするというゲームウオッチはありません。「Electronika」オリジナルのものでしょう。「Электроника ИМ-22 «Веселый футболисты»(IM-22 "ジョリープレイヤー")」(1991/1992)という名前のようです。

electronika_007.jpg electronika_006.jpg ※「ジョリープレイヤー」はミッキーとアヒルがボールを投げるようですが、冒頭のゲームはミッキーだけです。改造が加えられているのかもしれません。

さて、「Electronika」を改造し、厚みのあるケース状にし、定かではありませんがおそらくはGM管(SBM-20との噂もあり。ちょっとギリすぎるだろう。サイズ的に)を搭載したのが、このガイガーカウンター。放射線測定とゲームが両方できるのかどうかは不明です。また、電池は5つ必要なのですが、そのうちのひとつがLCD用、あと4つがガイガーカウンター用との情報もあります。

とりあえず、数少ない情報を集めてデータ的なものをまとめてみました。

製品名:ДБГБ-06И "Альтаир"(DBGB-06I "Altair")
メーカー:Научприбор(Nauchpribor)
製造年:1992年春以降
製造数:500台
測定範囲:0.20~19.99μSv/h
最大許容指示誤差:<30%
サイズ:115×70×35mm
重さ:0.2kg

ペレストロイカが始まったのが1980年代後半。1986年にはチェルノブイリ原発事故もありました。このような動乱期にあって、ガイガーカウンターを製造しようにも部品が足りなかった。だから、「Electronika」をガイガーカウンターに転用しようとしていた。

そんな憶測を披露する方もいるのですが、これには「そりゃねぇよ」とツッコミが入り、ロシア人同士が喧々諤々w 確かに、さすがにゲーム機を転用しなきゃいけないほど部品がなかったとは…。実際、その頃にもロシアの他メーカーからはガイガーカウンターがいくらでもリリースされていますしね。

まあ、どんな事情があってのことなのかはよくわかりません。しかも、マニアがふざけて作ったわけじゃなく、今でも存在する企業が作ってたってんですから、とにかく不思議。さらに製品名が「Altair」です。1974年、アメリカで一般販売された世界初の個人向けコンピュータが「Altair 8800」。これをソ連(ロシア)の技術者が知らないわけはない。

日本のニンテンドーをパクり、アメリカのコンピュータ名をマネたかのようなソ連(ロシア)の「DBGB-06I "Altair"」。なかなか興味深いデバイスです。いずれにせよ、よくこんなこと思いついたなぁと感心はさせられます。

いま現在だとなんでしょうね。腕時計や携帯電話を放射線測定器にしちゃうってのはすでにあります。mp3を再生できる放射線測定器もあります。あとは…。

ああ、そうか。デジタルデバイス自体が極めて小さくなっているから、そこに検出器やら何やらを詰め込んで大きくなるってのは本末転倒か。結局、放射線の検出ってのは大きさに比例しますしね。

小さくしたい。でも、大きくないとだめ。放射線測定器のミニマイズってのは、なんともアンビバレントw そして、「そういえば『ゲームウオッチは一人一台まで』って小学校で決められてたなぁ」なんてことを思い出させられもしw



[参考サイト]
http://urban3p.ru/blogs/28298/
http://gbx.ru/index.php?showtopic=73693
http://ulis-aka-janek.livejournal.com/411996.html
http://ezhinka.com/chz/altair.pdf
http://retro.dobro-est.com/foto/tehnika/karmannyie-igryi-elektronika-im-ie-i.html
http://cah4e3.shedevr.org.ru/misc/electro/photo2.html
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

999. 2013.11.13
ロシアでもこの年代に、子供や少年に持たせ役立てることを考えたのかもしれませんね。
エステーもエアカウンターEXにタマゴッチを組み込んでですねぇ、カウント高いところに長くいると・・・・
あ、やめます。
1000. 2013.11.13
線量率に応じてたまごっちが育・・・
あ、やめます(^^;

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)