映画「トランスフォーマー」に登場するガイガーカウンターがえらいことになっていた

2013年11月09日
関連ワード:コラム , ThermoFisherScientific , Inspector , 映画 , デザイン ,
gc_723.jpg

映画「トランスフォーマー」(2007年)にガイガーカウンターが登場するという情報を得て、調べてみました。作中に出てくるのは、私が確認できた限りは2種。まず1種目は…。

gc_724.jpg

一瞬しか映らないので、ハッキリとはわかりませんが、本体とプローブを片手で持てるサイズ感、プローブのフォルム、プローブの繋ぎ口の形状、ボディカラーからすると、ほぼ間違いなく「Inspector EXP」でしょう。庭で植木やらなんやらを調べています。

ちなみにですが、車からロボットに変身するトランスフォーマーは、どうも放射線を発しているようです。いったいなぜそうなのかはよくわかりません。宇宙からやってきたからということでしょうかね。なんでしょう。

さて、ここからが本日の目玉。

gc_725.jpg

BICRON製であることは間違いないのですが、メーター、レンジ、オーディオのオン・オフのつまみからすると、「Surveyor 50」でしょう。LEDランプは映画用に取り付けられているものです。

※追記:映画のキャプチャをよく見ると、側面に「50」らしき文字が見えますね(^^;

gc_726.jpg で、主人公にパンケーキをかざすと、メーターが大きく振れ、LEDがチカチカし、検出音がピピピとけたたましく鳴るわけですが、この一連のシーンはツッコミどころ満載w

まず、セクター7のおっちゃんのセリフ。

「14ラド」

ラドって…w 「Surveyor 50」の単位はmR/hとcpmです。いや、このおっちゃんは相当な知識を持っていて、1rad=1rem≒1Rと換算し、14R/hの表示を14radと言ったのか!? すげぇなおっちゃん! だけどおっちゃん、「Surveyor 50」のレンジは50mR/hまでだぜ!w

なお、仮に14radだとすると、14rad=0.14Gy。ざっくり1Gy=1Svだとすると、0.14Sv。おそらくは線量率でしょうから、140mSv/hですか。残念ながら映画への興味は、地球がどうなるかということから、主人公が映画のラストまで生きていられるのかどうかということに移っていきます。

次にこちらの画像。

gc_727.jpg
※画像をクリックすると拡大します

主人公を連行中の車内。主人公を助けるため、トランスフォーマーが近づいてきます。すると、ガイガーカウンターが反応します。しかしです! 画像をよーくご覧下さい。オーディオはオフで、レンジのつまみはバッテリーチェックに!www

なんともほほえましい映画「トランスフォーマー」。ぜひ一度ご覧あれ。

じゃなかった!

gc_728.jpg
激安 プロ仕様 BICRON50 ガイガーカウンター 本体のみ


ヤフオク!にこんなものが出品されていて、商品説明に

同型が映画トランスフォーマーでも出てきますね。(LED付けてチカチカしてましたが・・)

とあったから、気になって「トランスフォーマー」を見てみたら、なんだかおかしなことになっていたんだw まあそういうわけで、現役でアメリカ軍あたりでも使われているガイガーカウンターが即決24,800円ですが、プローブもお忘れなく、という記事でした。

[画像転載元]
http://www.prc68.com/I/Bicron50.shtml

[関連過去記事]
アメリカ軍が使用している放射線測定器を並べてみた
「スーパードクターK」のガイガーカウンターはアロカ「TGS-501」だった!
「Dr.HOUSE(ドクターハウス)」のガイガーカウンター
ウソガイガーカウンターから始まる逆襲のシャアや沢田研二の話?
美女と液体人間とガイガーカウンター
ホラー映画「Chernobyl Diaries(チェルノブイリ・ダイアリーズ)」にTERRA-Pが登場
ガイガーカウンターの歌
1950年代のアメリカとガイガーカウンター
映画「The Atomic Kid」の”放射能人間”が使うガイガーカウンター
沢田研二の放射線測定器
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)