デッドストックで安くなっている青歯テラ(TERRA with BT)とMKS-1E(МКС-1Е)

2013年10月31日
関連ワード:最新入荷情報
”デッドストック”という理由で、なんだかワケのわからん値段で売られているガイガーカウンターをふたつ見つけました。

Etalon(Эталон)の「MKS-1E(МКС-1Е)」。販売者は株式会社サードウェーブ 安全環境事業部

ちょっと変わった機種でして、ベータ粒子束密度がcm^2・sです。普通はminなんですけどね。検知音がなかったり、想定される使用環境の割にIPが低かったり(IP43)、電池の消耗が激しかったりで、残念な面もなくはないのですが、この値段は激安です。

それにしても、このEtalon(エタロン)がよくわかりません。公式サイトをご存じの方がいれば教えて下さい~。デッドストックというか、現在でも製造されてるんかいな??

次はお馴染み「TERRA with Bluetooth Channel」、通称”青歯テラ”。「新品ですが長期在庫品の為 格安にて販売します。正規品ですがメーカー保証はありません。初期不良7日間になります。」とのこと。どうなんですかね。とりあえず2万円台は激安ではありますです。

ところで、TERRAシリーズの相場がちょいと上がって平行線ですね。

黄テラ、黄テラ+は話にならないほど高いです。黒テラ、緑テラはこんな感じ。たまたま2万円台をつけていますが、さて、即納なのかどうか。

同レベルのガイガーカウンターと比べると、ちょーっと割高感があるような。どうでしょ。「SOEKS 01M」「RADEX 1503+」「RADEX 1212」「RADEX 1706」あたりをノータイムでは切り捨てづらい。悩ましいところです。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

984. 2013.10.31
黄テラを格安時に購入して持っているのですが、ブログを拝見し「TERRA with Bluetooth Channel」を探してみましたが、2万円台での販売サイトが見つからず・・・
一歩遅れたのか、残念でした。
985. 2013.11.01
さすがに2万円台ってのはまずないですからねぇ。これもなにかの縁。黄テラをかわいがってやって下さい。シンプルな分、むしろ黄テラのほうがいいかもですよ??スリープモードあるし電池の持ちもいいしw

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)