2013/10/28

「チェルノブイリから福島へ 未来への答案」(NNNドキュメント)の放射線測定器

関連ワード:動画 , テレビ , 集めてみた ,
昨夜、NNNドキュメント「3・11大震災 シリーズ チェルノブイリから福島へ 未来への答案」という番組が放送されました。ひじょーーーに面白かったので、ご覧になってない方は、お時間のある時にどうぞ。



で、いつもの通りやっていきますw

gc_700.jpg

うわああ。冒頭からいきなり! 日立アロカメディカルの最新サーベイメーター「PDR-301」。すごい。いいなあああああ。

画像のはシリコンカバーがついた状態ですね。そして、原発内で使ってます。アロカが想定している通りの使い方ですなw

gc_701.jpg

作業員は出勤時、帰宅時に必ずこのゲートを通らなければいけません。

gc_702.jpg

チラリと映った個人線量計。メーカー、機種はわかりませんでした。ただ、こういう場合、一般市場向けではないモデルであることも多く、調べてもわからないんですよねぇ。それほど興味もわかなかったし、これは適当にw

gc_703.jpg
gc_704.jpg

問題はこれ。なんだろなあ。テレスコピック&プローブの形、全体的なサイズ感などは「МКС-У」や「ИМД-5」ぽくもあるんですが、違うだろうなぁ。「МКС-У」だったらソーラーパネルを外さないだろうし…。

ケースは革ではなさそうですし、この類のサーベイメーターにしては結構コンパクト。比較的最近のガイガーじゃないかとは思うのですが、よくわかりません。もうちょっとハッキリと映してくれよなー。チェw

gc_705.jpg

これはMirion Technologies(MGP)の「DMC 2000S」あたりでしょう。γのみ(Hp(10)のみ)ですね。ウクライナの法令はどうなってるんでしょうね。ちなみに日本ではHp(0.07)も必須です。

gc_706.jpg

おおお。「DP-5V」だ。チェルノブイリ原発事故から約27年ですよ。まだ使われてるんですねぇ。すごい!と言いたいところなんですが、実はこれこそが、この番組のキモなんですよね。

パッとデジタル表示される、誰でもボタン一つで簡単に操作可能な最新式のサーベイメーターじゃいかんのです。こういう現場では。しっかりとした知識、経験を伴ってこその放射線測定。そして、そのためには「DP-5V」など、昔から使われているガイガーが重要な存在となります。

どういうことかと言いますと、「DP-5V」を使いこなすには、「DP-5V」で適切に測定するには、それ相応の知識を要します。ですから、「DP-5V」の使い方を学ぶということは、放射線、放射線測定の基礎を学ぶことにもなります。つまり、「DP-5V」を使い続けるということは、先人の知識や経験を受け継いでいくということでもあるのです。

番組内でも紹介されていますが、福島の作業員はほとんど何も訓練されず作業にあたっているようです。また、専門的な知識を有したエキスパートは線量オーバーで現場に出られず、素人同然の作業員が作業をするもんだから、単純ミスも続発しているのだとか。

将来、原発に関する専門的な知識を持った人も少なくなっていくと予想されています。ウクライナではこうした事態に対するため、訓練センターを設け、作業員は必ずテストを受け、国家資格を取らないといけないようです。

日本がどうすべきかなんてことは、ここで論じるつもりはありません。ただ、画面に一瞬映った「DP-5V」、27年間も使い続けられてきた「DP-5V」は、人類がこれまでどう放射能に対峙し、そして今後、どう歩んでいくべきかを示唆してくれるように感じました。
関連記事

コメント

非公開コメント

DP-5V

さすがGCCさんですね。道具の継承から、技術や知識、感覚などの継承を紐解くとは・・。
たしかに人間が物事を認識するのは、常に道具を通してであり、多くの場合理論は助けでしかないかもしれません。
道具が(多くの場合、後のものは進化しているわけですが)継承されることで、感覚や認識、意味も継承されるのかもしれませんし、不変性も強固になるのかもしれません。

私は最初この番組を見て、直せるから使っているのだろうとか、消防隊、低予算なのか、くらいにしか。

あるいは、日々の酷使に耐えられる機種が、他にないのかもしれません。

しかし、よく訓練されているようですね。
なにげに最後の写真、ベルトは1本ですが、ちゃんと首を通し、高さもアバラと骨盤の間。完璧です! また、プローブには汚損防止のカバーが付いていませんが、これは咄嗟の場合でもチェックソース、β線シャッターの開閉を行うためと思われます。

Re: DP-5V

変な言い方ですが、”さまになってる”んですよねぇw
その土地の酒はその土地の肴に合う。
その土地のガイガーはその土地の人が持つと似合う。
そんな感じもしますw

おお、持ち方ですか。もう一度注意して見てみます。
コメントありがとうございました!


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+