2011/05/25

このサイトについて

aboutGCC_001.gif
「ガイガーカウンターカタログ」は2011年に開設された、個人が趣味で運営しているブログです。

運営者

ニックネーム:GCC
居住地:東京都内
ペット:猫
所有機種:どんな機種もできるだけ公平に扱いたい、所有している機種がオススメだと思われたくない、そんなに大したことないw、などの理由で非公開。ただ、記事の書き方で数機種はバレてそうw

当サイトの特徴

1)放射線測定器に特化したサイトです。放射線測定器に関する情報をここまでコンスタントにアップしているブログは世界で唯一だと自負しています。

2)紹介している放射線測定器の数は世界一だと自負しています(2014年3月現在で約500機種)。

3)基本的にはこれから放射線測定器を買う、放射線測定器を買ったばかりという方を対象としています。ただ、すでに放射線測定器を使いこなしているという方でも楽しめ、時には役立つこともあると思います(あればいいなぁw)。

4)図や表、写真をふんだんに使い、具体的でわかりやすい記事にするよう心がけています。また、できうる限りソースを示すようにしています。

5)製品としての放射線測定器という観点から眺めているので、JIS、線量の実用量、デザイン、設計思想、メーカーやショップのあり方(≒消費者問題)といった話が多くなっています。逆に、政治色は薄いですw

当サイトのスタンス

私たちはγ線を見ていません(見れませんw)。見ているのはいつも放射線測定器に表示される数値です。私たちは放射線測定器を介してのみしか放射線の存在を知りえないのです。

だとするならば、まずは画面に表示されている数値が何なのか(=実用量としての線量)、数値を表示させているその機器は何なのか(=製品としての放射線測定器)を理解するべきだと思います。

「年間○○Svだと健康上影響が出るとチェルノブイリ関連の文献では…」なんてことをいくら勉強したところで、実際に自身がどのような状況なのかがわからなければ意味はありません。個人線量計をサーベイメーターのように使い、メチャクチャな”測定値”でもって、あれこれ考えてもまるで意味はないのです。

学者さんや専門家は「γ線とは」「エネルギーが」というところから説明します。そういった抽象的なお勉強もそりゃ大切です。だけど、私たちの置かれている状況はとても具体的なものです。ある公園にいる。ある放射線測定器を手にしている。ある数値が表示される。私たちはここから始めるべきだと思うんです。

私たちは放射線測定器を介してのみしか放射線を知りえない。だったらまずは放射線測定器を理解しよう。これが当サイトで一番強く訴えていることです。

注意事項

しょせん素人が書いてます。これを言い訳にはしたくありませんが、ただ、不正確なことも含まれていると思いますので、極力、参考になるような専門的なサイトへのリンクを記事最後につけるようにしています。

記事執筆当時と記事をご覧になられた時では、状況が異なっていることもあると思います。その典型例が相場や価格です。記事執筆時はそうだった、ということをご理解の上、記事をお読み頂けると幸いです(状況が変われば、できるだけ[追記]という形で過去記事に訂正・修正を加えるようにはしています)。

カタログに関してですが、表中の「-」は「不明」もしくは「なし」という意味です。また、製造国≒販売元くらいに、ゆるくお考え下さい。このあたりのことは実情が把握しきれないというのが正直なところです。

このサイトを始めた経緯

2011年4月ごろに当サイトを開設しました。

福島第一原発事故を受け、世間では放射線がどうの、ガイガーカウンターがどうのということが騒がれていました。私もガイガーカウンターを買おうと思い、楽天市場やAmazonを見てみたのですが、まあひどい状況でした。

同じ商品なのに、あっちとこっちではスペックが違っていたり、製品名が違っていたり、どこのメーカーかもわからないし、説明もウソばっかり。

「この放射線測定器はメーカーはどこだろう?」「本当に正しいスペックは何だろう?」そんな疑問を解決すべく、世に出回っている放射線測定器を片っ端から調べ始めました。そして、これを情報として公開すれば、少しは役に立つサイトになるかな?と思い、当サイトを立ち上げました。

一番古い記事から順に見て頂ければわかる通り、最初は各放射線測定器をカタログとしてまとめるだけでした。そして途中から、放射線測定器の基礎知識や最新情報、ニュースなども紹介するようになりました。さらに、素人にはとっつきにくい放射線測定器ですから、できるだけ楽しく紹介したいと思い、エンターテイメント性も混ぜ込むようになりましたw

そんなこんなで現在に至っております。

リンク・引用について

ご自由にどうぞ。各記事へのリンクは「http://geigercounter001.blog55.fc2.com/blog-entry-***.html」といったURLでお願い致します。パーマリンクですので。それ以外だと、リンク時とその後で表示されるページが異なる可能性が大です。

当然のことながら、引用もご自由にどうぞ(と言うことすらどうかと思うのですが)。事前・事後に連絡も一切不要です。「許可なく無断で…」といった文言は法的観点からしてもおかしいと思っとります。引用の定義は以下をご参照下さい。

[参照サイト]引用~Wikipedia

ただ、どのようなブログでリンク・引用されたのかは気にならなくはないです。「あー、こういうブログで引用してもらえたんだ」「へぇ、この記事、こんな風に受け止められてるんだ」などと考えてはニヤニヤしたいですw ですから、もしよければ、リンク・引用後にご一報頂けると嬉しいです。たとえそれが批判的な内容であったとしても。

ご相談について

ちょくちょくご相談を頂きます。「どの機種がいいでしょうか」「これとこれだとどちらがいいでしょうか」などなど。大変ありがたいことです。素人ではありますが、全身全霊を持ってお答え致します。

ただ、ご相談を頂き、それにお答えした後、パッタリ連絡を頂けなくなることがしばしばです。そうすると、どうなったのかが非常に気になります。「ちゃんと役に立ててたかな」「結局、どの機種を選んだのかな」「勧めた機種はちゃんと目的にあってたかな」と。誠に勝手なお願いなんですが、その後、どうなったのかをご報告頂けると大変助かります。

お問い合わせ

ご意見、ご感想、各種情報、メーカー様、ショップ様からのリリースなど、お気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせページ

関連記事


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+