2013/10/10

МЕРА-Р1000

p1000_001.jpg
製品仕様
メーカー Мера(ロシア)[公式]
「МЕРА-Р1000」専用サイトもあり
対応OS・モバイル Android
インターフェイス マイク端子
ソフトウェア Радиометр(radiometer)
検出器 GM管(Бета-1-1)
測定可能放射線 α線、β線、γ線、X線 ※備考欄参照
線量率範囲 0.05~100μSv/h
積算線量範囲 -
アラーム機能 あり
計測時間 -
エネルギー感度 0.05~3.00MeV(β:0.15MeV~)
バッテリー スマートフォンより給電
使用環境 -20℃~+50℃
寸法(mm) 73×60×13mm
重量 50g
【黒】
備考・その他 α、βも検出できるスマートフォン接続タイプの放射線測定器です(表示単位は周辺線量当量率のみっぽい)。このタイプの測定器でパンケーキ型は非常に珍しいです(メーカー製造品としては)。

GM管の「Бета-1」シリーズは「RADEX RD1008」などで使われている「Бета-2」シリーズよりもγ線感度が劣ります。

バックグランドと対象物の差を自動的に算出し、危険度を知らせてくれます。”危険度”は語弊のある言い方ですね。どれくらいバックグランドより高いかを視覚的に(色の違いで)表示してくれます、というのが正確か。

p1000_002.jpg 付属のコードは非常に短いです。もう少し長めのものが使いやすいかもですね。あるいはいっそのこと、ケーブルを使わず直接接続させるか。この際、検出器の向きに応じて画面を180度回転させることができます(左画像参照)。

価格は約18,000円。日本市場では見たことがありませんし、今後もおそらくは見ないんじゃないかなぁw そういえば、同社製の「AQM-22」は同社公式サイトから姿を消しました。製造中止かな??
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント

価格…もっと高いのしか見たことない ( ̄▽ ̄;)

eBayの出品でUS $ 280.00(約 27,145円)というのしかネット上でも見たことがなかったのですが…。
それと、Androidアプリ…ロシア語オンリーですよね?

Re: 価格…もっと高いのしか見たことない ( ̄▽ ̄;)

公式サイトによると定価は6000ルーブル=18,000円とのことです。
アプリは英語、ロシア語の2言語対応です。

> Язык выбор языка интерфейса между русским и английским

P1000

お久しぶりです。
なかなかおもしろそうな機種ですね。とくにγ線計測用のアダプタも無いようなので、おそらく探索用、表面汚染計測用なのでしょうね。
スマホのマイク端子からの電力で全てをまかなっているようで、興味深いです。ソフトもそのまま動きそうですし、類似のものを作ってみたくなります。

Re: P1000

日本人なら持ちやすいように柄(ハンドル)をつけたりなんなりしそうなもんですが、余計なことは一切なしってところも面白いですw


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+