RADEX MKS1009(MKС1009)

2013年10月07日
関連ワード:ロシア , Quarta-Rad , RADEX , サーベイメーター ,
radexmks1009_001.jpg
製品仕様
メーカー QUARTA-RAD[公式]
検出器 GM管(Beta-2(Бета-2)・Beta-2M(Бета-2М))
測定可能放射線 β線、γ線、X線
線量率範囲 0.1~999μSv/h
積算線量範囲 0.001~999mSv
ベータ粒子束密度 10~9990/cm^2・min
アラーム機能 あり
計測時間 25秒
エネルギー感度 0.1~3.5MeV
バッテリー 単三電池×1本(950時間)
使用環境 -
寸法(mm) 140×71×34mm
重量 0.230kg
【白】
備考・その他 「RADEX RD1008」にとても似ています。現状でわかる範囲では、本体サイズ・重量、ベータ粒子束密度の測定範囲、測定時間、背面シャッターが違うようです。背面のシャッターが開けやすくなってる? ちょっとチャチい気もしなくはないですがw 測定時間は25秒で固定かな? サイズ・重さの違いはシャッターが変わった分のような気が。

製品名が「MKS」となりました。もちろん、以前から規格や各種ガイドラインをキッチリ意識して作られてはいましたが(1008)、製品名でもそのことを表そうとしているのでしょうかね。ちなみに「RD」はRADEXの略でしょうから、メーカーの勝手な名称で、「MKS」はそれぞれの文字に規格的な意味があります。

詳細がわかってきましたら、随時、情報を更新していきます。

にしても、QR社の動きがここへ来て随分と慌ただしくなりましたねw

[関連過去記事]
正規代理店が「RADEX RD1212」を扱いはじめました ~マーくん vs マエケン
「RADEX RD1503」は8/1に製造中止。正規代理店が後継の「RADEX RD1503+」を売り始めました
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)