「Inspector Plus」がいろいろ変わって「Inspector USB」にリニューアルしました

2013年09月18日
関連ワード:ニュース , Inspector ,
gc_691.jpg

S.E. Internationalのガイガーカウンター「Inspector」(”旧”バージョン)、「Inspector Plus」が「Inspector USB」にリニューアルしました。

The Inspector and Inspector Plus are now The Inspector USB!! Now with USB and the included Observer USB Software, you can download your data from the internal memory, set computer alarms, and calibrate your instrument!

[ソース]Inspector USB Handheld Digital Radiation Alert® Detector

この感嘆符の多さ!w 同社の興奮具合を物語っているようで面白いですw

これまではジャックに差し込むというけったいな方法でしかPCと接続できませんでしたが、これからはUSBですので楽チンです。どこでも簡単にケーブルは入手できますしね。また、詳細は不明ですが、ソフトウェアも新しくなるようです(Observer USB Software)。使い勝手はよくなるんじゃないでしょうか。

次に、マニュアルも少々改訂されました。すべてを読み比べてはいないのですが、まず、マニュアルのデザインが大幅によくなり読みやすくなりました。そして、文言が簡素化されているのも印象的です。たとえば…

【Inspector PLUS マニュアル】

CPM (or CPS) and total counts are the most direct methods of measurement; mR/hr (or μSv/hr) is calculated using a conversion factor optimized for Cesium-137. This mode is less accurate for other radionuclides unless you have calibrated the Inspector+ for a similar radionuclide.

The most immediate indicators of the radiation level are the audio and count light. It takes 3 seconds before a change is shown on the numeric display unless you are using the Total/Timer mode.

【Inspector USB マニュアル】

mR/hr and µSv/hr are calculated using a conversion factor optimized for Cesium-137. This mode is less accurate for radionuclides other than Cs-137, unless you have calibrated the Inspector for the specific radionuclide you are surveying.

The most immediate indicators of the radiation level are the audio and count light.

同じ箇所ですが、結構違っていますね。「そこはまあ言わなくてもいいだろう」と判断された内容が削られたのでしょう。ま、ユーザーとしては気にするようなことではありませんが。

もうひとつ、核種ごとの計数効率をプリセットされている内から選択できたりもするのですが、わかる人だけどうぞ。いや、核種同定できる測定器を持っているくらいの方はどうぞw 素人は手を出さない方がいいでしょう。

というわけで、「Inspector」を使いたい、しかもデータ転送したいという方は、「Inspector USB」のほうがいいかもしれませんね。と、言いたいところなんですが…。

あくまでも私の予想なんですが、このニューバージョン、日本の一般的なショップで売られ出すのって…いつになるでしょう…(^^; とりあえず正規輸入元、各ショップの在庫がはけて、もし、まだ売れそうなら、それからニューバージョンを取り寄せる、そんな感じでしょうから、結構時間がかかる気も。実際、International Medcom(IMI)の「Inspector Alert」もリニューアルしたんですが、日本市場ではニューバージョンをいまだ見かけません(まったく見ないわけじゃないんですけどね)。

「Inspector PLUS」でもデータ転送はできますから、いつ来るかわからないものを待つよりも、入手しやすいものを購入した方がいいような…どうでしょうかね。ここは”勇気と力で勝負!”(古っw

2013.12.26追記:「Inspector USB」も市場に出てきました。上記の商品がUSBです。以下はPLUSです。

最後に久しぶりにInspectorの相場でも見ておきますか。

左は普通の「Inspector PLUS」、右はエクストリームブーツ付の「Inspector Xtreme」。同じ値段w どう考えてもブーツ付の方がお得です。ただ…

IMIの「Inspector Alert」だともう少し安いので、こちらのほうがお得っちゃあお得ではあります。

ちなみに、楽天市場を見てみますと…

似たようなもんですね。一時は4万円台ということもあったんですが、需要を考えますと、今後も6万円台後半~7万円台くらいで収まるんじゃないでしょうか…。

Inspector一覧(楽天市場)
Inspector一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)