黒卵であまちゃん人気に便乗してみた~エアカウンターEXの基礎知識

2013年08月21日
関連ワード:コラム , お遊び企画 , エアカウンター , タレント , テレビ ,
gc_687.jpg

安直と言いますか、凡庸と言いますか…(^^;

gc_688.jpg 私の周りでも結構見てる人が多いんですが、私は一度も見たことがありませんw 面白いみたいですね。一度は見てみようと思ってるんですが…。

というわけで、久々のおふざけ企画です。「エアカウンターS」を取り上げたこともあったので、同シリーズで2機種というのが少し引っかかりもしたのですが、このポスターを見たら、どうやっても黒卵しか思いつかずw

エステーが開発・販売している放射線測定器、エアカウンターシリーズ。現在、3機種が展開されています。半導体式の「エアカウンター」(白卵)「エアカウンターS」(棒)、シンチレーション式の「エアカウンターEX」(黒卵)です(「エアカウンター」は製造中止との噂もありますが、どうなんでしょうね)。

手頃な価格と親しみやすいデザインで、爆発的な人気を誇るシリーズです。ザックリ言うと、黒卵>棒>白卵の順で性能がいいわけですが、まあどれを選んでも大丈夫です(白卵は連続測定できないのでもしかしたら不便に感じるかもしれませんが)。初めて放射線測定器を買うという方にも最適なシリーズだと思います。

さて、「エアカウンターEX」ですが、これは放射線を捉える検出器にCsIシンチレーターというものを使っているため、シンチレーション式と呼ばれます。シンチレーターに放射線があたると発光します(肉眼では見えません)。その発光の仕方が放射線量に比例するので、発光を読み取れば放射線量がわかるというわけです(半導体で読み取ります。赤外線を半導体で読み取る各種リモコンと似た原理ですな)。

「エアカウンターEX」はH(10)=周辺線量当量の1cm線量当量という基準で放射線を測定してくれます。日本の製品規格では、こうしたものをサーベイメーターと呼びます。基本的には、その場の放射線量を線量率(1時間あたりどれくらいか)という単位で表示します。サーベイメーターには他に「SOEKS 01M」「RADEX RD1706」「Inspector Alert」などがあります。一般的によく目にする放射線測定器はほとんどがサーベイメーターです。

もうひとつ、個人線量計というものもあります。Hp(10)=個人線量当量の1cm線量当量という基準で放射線を測定するもので、個々人が受ける被ばく量を測定するためのものです。「Dose i」「PDM-122」「DoseRAE 2」「EcotestCARD」などが個人線量計では有名です。

「エアカウンターEX」の誤差は±15%。この場合の誤差とは、正確には相対指示誤差と言います。校正の段階で、基準となる線量と機器が指し示す線量には最大で15%の違いがありえる、という意味です。この相対指示誤差はあくまでも校正・テストでの話です。公園等での実測における測定とは関係ありません。実測において日常的によく使われる誤差云々というのは統計誤差のことで、まったくの別物です。なお、誤差はどんな放射線測定器にも、いや、あらゆる測定器には必ずあるものです。

と、難しいことはさて置き、まあ何でもいいので何か買って実際に測ってみて、それからもし必要であれば勉強してみて下さい。

[関連過去記事]
放射線測定器と個人線量計 ~何が違うの?
「エアカウンターS」を、いや、放射線測定器を使う上で知っておきたいこと~1cm線量当量と誤差
TERRA with BT(青歯テラ)における2つの誤差~安く出品されていると言いたかっただけなのに

[おふざけ企画]
ジョジョの奇妙な冒険 with SOEKS
長谷川潤とかけまして、PM1703MAとときます。その心は…
Inspector(インスペクター)が5万2000円という破格の安さで、アンパンマンにたとえてみたらシュールになった!
長澤まさみとPripyat(プリピャチ)
「RADEX RD1008」をレトロなポスターにしてみた
TERRA-P+をロイ・リキテンスタインで表現してみた
どうしても好きになれないエアカウンターSを勝手に広告にしてみた
こんな放射線測定器は嫌だ その4
こんな放射線測定器は嫌だ その3
こんな放射線測定器は嫌だ その2
こんな放射線測定器は嫌だ
関連記事
エアカウンターEX

前後の記事

コメント一覧

958. 2013.08.26
いつも楽しい発想をありがとうございます。いいですね~、黒タマゴ。私もあまちゃんは見ていませんが、このポスターを見ていると、黒タマゴが完全防水で持ったまま潜れて、汚染水の放射線も計れるようなスペックに見えてきます(笑)
お魚型測定器とかあったらカワイイ???

今の日本に必要な危機感と願望なのですが…。
汚染水ダダ漏れで、これからどうなるんでしょう(泣)
海中のホットスポットかぁ…。

空間測定器で計れるものなんてほんの一部なのだなあ…と、わかればわかるほど絶望なんですけど。

先日、映画「第五福龍丸」を見たのですが、セシウムという言葉はぜんぜん出てきませんでした。劇中に出てくる当時の報道は、とにかくストロンチウムばかりでした…。

現状の報道への違和感が、また大きくなりました。
959. 2013.08.27
いっそのこと”ウニ型”てのも面白いですねw

映画はまだ見たことないんですよねぇ。
ちょっと見てみていです。

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)