2013/07/03

エステーが「エアカウンターEX」の校正サービスを開始

関連ワード:ニュース , エアカウンター ,
エステーが「エアカウンターEX」の校正サービスを開始するようです。

エステーは、家庭用放射線測定器「エアカウンターEX」を対象とする、「エステー校正サービス」を7月8日10時に開始する。必要な期間は約10日間で、料金は往復送料込みで7,500円。

校正サービスの受け付けは、電話での申し込みのみ受け付ける。詳細については8日に、エステーオンラインショップに掲載される予定となっている。

[ソース]家電 Watch:エステー、エアカウンターEXの校正サービスを開始
~1年以上使用した放射線測定器を正しい値に再設定

かなり良心的な料金だと思ったんですが、どうですか? 私は1万円以上はするだろうなぁと予想していました。がんばりましたね。

※「エアカウンターEX」の公式サイトはこちら↓
「エアカウンターEX」公式サイト

さて、「じゃあ私も校正に出した方がいいの?」と疑問に(あるいは不安に)思われる方もいるかもしれませんが、校正が必要なタイミングっていつでしょう。

あくまでも私見ですが、数週間、あるいは数ヶ月使ってみて、大きく数値がブレてなければ、大丈夫じゃないでしょうかね。少なくとも、1年使ったから校正に出さなければいけないなんてことはありません。

本当は誤差と精度の話もしてみたいところですが、まあいいでしょう。難しいことは。とりあえず、よっぽどのことがなければ、そのまま使ってて大丈夫だと思いますよ?と、無責任に言っておこw

最後に、改めて「エアカウンター」シリーズについて簡単に紹介しておきます。

「エアカウンター」シリーズには3機種あります。

・エアカウンター(白卵)
・エアカウンターS
・エアカウンターEX


「エアカウンター」「エアカウンターS」は半導体で放射線を検知する半導体式の放射線測定器です。「エアカウンターEX」はシンチレーターという結晶(CsI)が放射線を感知すると蛍光し、これを読み取り測定値をはじき出すという仕組みのシンチレーション式放射線測定器です。

一般的に半導体よりもシンチの方が高感度とされています(すごくザックリとした言い方ですよ!)。この3機種に限って言えば、EX>S>白卵の順で高性能だと思って下さい。

なお、「エアカウンター」は製造中止になる(なった)との情報もあります(正確なところはわかりません)。とりあえず、これから初めて放射線測定器を買おうって方は、「エアカウンターS」を選んでおけばいいんじゃないでしょうかね。安いですし。
関連記事

コメント

非公開コメント

情報ありがとうございます。

エステーの校正情報ありがとうございます。
この費用で校正できるなら、長期使用も安心感がありますね。
私はというと、すっかり白タマゴの「5分間待つのだぞ」に愛着を感じちゃいました(笑)
70代の母も、これ押すだけ?簡単ね、体温計みたいとの評価です。
計測中の点滅も、仕事してるな~って感じです。

近所のスーパーではSが5800円です。
案外、これからじわじわ再評価されてくるかもしれません。

他の測定器を見ると現実に引き戻されるような重苦しさがあるのですが、エステーのシリーズは普通に家庭に居場所があるみたいな。
起きてきて、子供がボタンひとつ押すのが習慣になりそうな親近感があります。ゲームみたい。

もう、普通に環境監視しながら生きる、そういう社会であるべきだと思うんですが、何が異常で何が正しいのか、わからなくなってしまいました。
「深刻」って疲れるから、このジャパンクオリティが丁度いいかもしれません。

Re: 情報ありがとうございます。

ハッとさせられました。

当サイトでもよく「エアカウンターS」を親しみやすいデザインと紹介することがあるのですが、それほど深くは考えていませんでした。しかし、頂いたコメントを読み、その親しみやすさとは何なのか、そして親しみやすさの重要性というものを実感として認識させられました。また、これが”ジャパンクオリティ”というのも大きく頷かされます。

とても示唆に富んだコメント、ありがとうございました。

実績から言って1年に1度校正すべきです。
あとjisでもね。


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+