2013/05/31

高森コーキがシンチ「RAT-S」をリリース。LED表示器なんかもあったりするようです

いつの間にか高森コーキが「RAT-S」というシンチレーション式放射線測定器をリリースしていました。

もちろんこれは、ひさき設計の「FM-h3」ですね。OEMと言いますかなんと言いますか。

この関係性は「はかるっち」「はかるっち2」と「RAT-1」「RAT-G」のそれと同じでしょう。前者はひさき設計のオリジナル、後者は高森コーキのOEM的製品です(おそらくw)。

「FM-h3」はなかなかよくできた機種だと思うんですよね。線量率と年間予測積算値を同時に表示してくれたり、過去60分間の線量率変化を(確か)2分刻みのバーグラフ表示をしてくれたり。それより何より、デザイン・ネーミングがシンプルで、初めてこれを目にした時はホッとすらしました。だって、その前が…(^^;

とにかく、今回も高森コーキはこんなことしてるんだなーなんて思っていたら!

こんなものまで作っていました。LED表示器とのセットです。これはUSB出力ですよね。へぇ。

ここまでできるならPC管理できるようにすれば、もっといいんじゃないでしょうかねぇ。また、このLED表示器に汎用性を持たせるとか…。これは難しいか。ああ、AC対応もしてくれればいいのに。そうすれば簡易リアルタイム線量計にできます。電池じゃねぇ。

と、いろいろ注文をつけたくなりますがw、試みとしてはとても面白いと思いました。

表示器の背面はどうなってるんだろう。倒れにくくなってるとか、壁に掛けられるようになってるとかあるのかな?

上記商品ページは高森コーキ運営とはいえ、詳しいことをもっと知りたいですし、製品情報をしっかりメーカーサイトに載せてほしいなぁ。と、2年ほど前から言ってるような。このあたりがいただけませんなぁ。
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+