2013/05/24

924円で出品された「エアカウンター」はマニア向け?w~追記:「エアカウンター」製造中止との情報

エアカウンター
 ↓
感度をよくして連続測定を可能に
 ↓
エアカウンターS
 ↓
検出器を半導体からシンチに。感度アップ
 ↓
エアカウンターEX

ザックリ言うとこんな流れでエアカウンターシリーズは発展してきました(発展というのが正しい言い方かどうかはあれですが)。

「エアカウンター」が販売開始されたのが2011年10月。それから約1年半で900円ですか。定価の1/10。まあ、このショップが突発的に販売しているだけで、これが相場ってわけでもないんですが、なんというか、すごいですね。

で、900円なら買います?w

以前にも書きましたが、「安いなら買う」という層は、実は初心者ではなく、それなりの”マニア”だったりも…。だって、これまでも「エアカウンターS」は3,500円だったわけですからねぇ。純粋に「安いなら買う」と思っている初心者がいたとすれば、とっくに「エアカウンターS」を買っているはずです。「3,500円では手が出ないけど900円なら、放射線測定器ってヤツを試しに買ってみよう」なんて人よりも、「900円なら買って分解してみよう」と思う人のほうがどう考えても多いのでは…(^^;

というわけで、何気にマニアなみなさんをウキウキさせるご報告でしたw

エアカウンターシリーズ一覧(楽天市場)
エアカウンターシリーズ一覧(Amazon)

※「エアカウンターEX」はエステーの専用サイトでしか購入できません↓
【公式サイト限定】最新エアカウンター【エアカウンターEX】
<追記>

こちらでも900円台でした。「これはなんかあるな」そう思って、商品説明をよく読んでみますと…。

本品は、メーカー製造中止のため、在庫限りで販売終了となります。
メーカー生産終了のため訳あり処分価格になっております。

噂ではこんなことも聞いていましたが、メーカーが公式にそう言っているのはまだ聞いていません。だけど、ショップがここまで断定的に書いてるんですから、おそらくはそうなんでしょうねぇ…。
関連記事

コメント

非公開コメント

情報ありがとうございます。

おつかれさまです。いつもありがとうございます。おかげさまで白タマゴ、送料コミで1500円で手に入れることができました。(ヤフーのショップでTポイントも使ったので格安でした)
都市濃縮が進んでますます深刻だと思うのですが、実際こうしてエアカウンターが投売り価格になってくると、複雑な気持ちです。商品としてはなんらかの形で継続生産する企業がないと、いずれ困るのは自分達のような気がして。本当に必要なのはこれからなのに…と私は思います。
適正価格って難しいけれど、原発爆発直後に10000円だったら、みんなすぐ買ったんじゃないかなと思います。
まじめな企業はしっかり利益出して欲しいし、赤字撤退は残念ですから。
なにしろ海外製品、数倍高くてもみんな買いましたし。
気にしない、忘れたい、怖いことは考えたくないという人も多いのでしょうが…

私はすでにSOEKS、CK-6を持っているので必要ないといえば必要ないのですが、エステーの心意気を感じてみたくて購入しました(なので、マニアックに分解はしないと思います)
性能は理解したうえで買ったので、不満はないし、ボタンひとつでつかえる優しさと質感はさすがに日本クオリティだと感じました。とにかくかわいいです。ただ「測定中」「測定完了」などの文字は超極小で目の拷問のようです(笑)
マイクロホットスポット探しには時間がかかり過ぎて使えませんが、いつも生活する場で、SOEKSやCK-6との比較もできますし、これだけ安く手に入れたので心置きなく貸し出しもできます。大量購入して配りたい衝動にもかられます。

疑惑のCK-6ですが、常時計測で電池も1ヶ月持ちますし、パソコンでデータを管理できるので、(ソフトは必須ですね、なぜ附属にしなかったのか疑問です。単体では意味無いと思うのです)自分の行動範囲の中でどこが影響あるのかがわかります。

ただ、SOEKSにせよCK-6にせよ、それぞれ古くなっていきますし、校正しないでいつまで使えるものなのか…、そう思うと、一年に1機種、なんとなく買い足して比較してしまいそうです。
みなさん、校正はどうするのだろう?
どのくらい狂ってくるものなのか、許容範囲で使い続けられるという判断なのでしょうか。

長くなりましたが、ガイガーカウンターカタログのサイトが末永く続きますように。
無くなったら困りますので、ファンの一人として管理人さんを支持しています。それではまた。

Re: 情報ありがとうございます。

どうなるんですかねぇ。メーカーもビジネスですから、撤退は致し方なしではあるんですが、ただ、もし可能なら、仮に製造を中止にするにせよ、再開もありえるということを、どっかで考えておいてもらえるといいですよね。

校正ですが、数万円ほどの機種でしたら、購入費より校正費のほうが高くなりがちですから、校正はしていないんじゃないでしょうか。数機種をお持ちだということですから、比較して、あまりにも数値が違っておかしいな?と思ったら、買い替える。あるいは相対的な推移を見てなんとなくの数値を推し量る、って感じでいいのではないでしょうか。具体的にどれくらいどうなったから、というのは特にないと思います。

私が見聞きした限りでは、Radi、Insあたりを校正に出したという話は聞いたことがあります。これもまあ各々の考え方、工夫の仕方次第でしょうけど、10万円以下の機種なら基本的には校正しないのが一般的だ、と思っていいんじゃないでしょうか。どうでしょうか(^^;

最後に、励ましのお言葉ありがとうございます。がんばります、というほどがんばるようなこっちゃないんですが、ま、楽しみながらこれからもやっていきます。新製品が続々出るわけでも、ニュースがバンバン飛び込んでくるわけでもないですから、更新頻度は鈍くなりつつありますがw


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+