2013/05/09

4GMT02

関連ワード:日本 , サーベイメーター ,
4GMT02_001.jpg
製品仕様
メーカー 関西電子 [公式]
検出器 GM管×4本
測定可能放射線 γ線
線量率範囲 0.01~100μSv/h
積算線量範囲 あり ※下記参照
計数率 あり(cpm)
アラーム機能 あり
計測時間 ※備考欄参照
エネルギー感度 -
バッテリー 単3×2本(連続60時間以上)
使用環境 -
寸法(mm) 200×94×31.5mm
重量 350g
【白】【緑】
備考・その他
Lモード:電源ONまたはリセットから測定の平均値。長時間測定すればするほど測定精度は向上。→バックグランドの測定や高精度の測定に有効
Sモード:過去20秒間(変更可能)の測定に基づく測定値。20秒以上取っても精度は上がらない。→ポットスポットの探索に有効
Tモード:電源ONからの積算線量を測定。→電源ONから連続測定した場合、測定者のガンマ線総被爆量の目安

積算値はμSvもしくはカウント数。ガンマ線検出感度は「KRM231の約4倍」「KRM311の約1.5倍」とのこと。USBでPC接続可。

一般的に市販されている日本製ガイガーカウンターでGM管4本は初めて見ました。本気を出しましたねw

説明もそこそこ丁寧です。H(10)と明記している点も高評価ポイント。ただ、いかんせんデザインが…。ここまでくるとむしろ、”らしさ”と考えるべきでしょうかね。

基準点が表面の液晶の上部にあるのが気になります。あくまでもγ線用ということでしょう。裏面はどうなってるのかなぁ。おそらく、「STORA-TU」のようにフタを開閉しβ線を取り込みやすくするような工夫は施されていないような気がします。だとしたらちょっと残念。

GM管が何なのか、GM管がどのようにつながれているのかといったことも気になりますし、価格も気になるところ。関西電子ですから、結構な価格だと思われますw
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント

ネーミング

普通それらしい機種名をつけるものですが、4GMT02とは何ともベタですね。02とくれば01がどうだったのか気になります。
仮にSBM-20くらいの計数率のGM管だとしたら、測定範囲が100μSv/hであることから単純並列接続かもしれませんね。SI-3BGだと、4本あってもどうにもなりませんね・・。

Re: ネーミング

同社はLNDのGM管も扱っているので、LND社製じゃないかなぁと予想してるのですが、なんでしょうね。

http://www.kansaidenshi.co.jp/R-Detector.html

デザインも製品名もそっけないですねw

ドイツ製GM管4本と聞いたけど…

ドイツ製GM管4本と聞いたけど…。
除染業者向けに開発…とか。

大きくて重い

性能はともかく、これ大きくて重いですね。
長さ20cmで重さ350gは、この手の物としては少し大きすぎる気がします。
しかも電池のもちも60時間しかない。
使いづらいですね。

Re: 大きくて重い

Inspectorよりもはるかに大きく重いですね。これがもし表面汚染測定にも使えるのだったら、まだいいですが(にしても大きいかw)、空間線量用でこれってのは、確かにゴツすぎますね(^^;

しかし、それより何より、買う人がいるのかと…。他人事ながら心配ではありますw


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+