極小放射線探知器「ATOM Mini」のメーカーが販売業者を探しているようです

2013年02月05日
関連ワード:コラム
「ATOM Mini」という放射線測定器があります。測定器というよりも検出器ですかね。数値表示はありません。アラームで知らせてくれるタイプです。メーカーはロシアのATOM

atommini_001.jpg
atommini_002.jpg

私が知る限り、一般的に販売されている放射線測定器・検出器の中では、最小とまでは言いませんが、相当小さな部類でしょう。成人男性の小指より短いです。携帯性はバツグンです。

閾値の一番下が0.5μSv/hであることからもわかる通り、東京都でこれを持っていてもあまり意味はなさそうです。0.2、0.3がデフォルトで、場所によっては0.5、0.6なんて場所もあるかもしれない、そんな地域ではいいかもしれません。

競合というわけでもないのですが、これに似た日本製で思い出すのがヤマガタ共同の「γ10(ガンマテン)」。価格も似たようなものですし、実質的に0.5μSv/h~という部分でも似てます。「γ10」はスイッチを押さなければいけないので、つけっぱなしでいい「ATOM Mini」とは毛色が少し異なりますが。

比べてみますと、やはり「ATOM Mini」の小ささが際立ちます。子供のランドセルにぶら下げておくなんて使い方がいいかもしれませんね。

さて、ATOMより直々にメールを頂きました。

We are looking for distributors.

とのことです。正直、日本で販売されたとして、どれほど売れるのかわかりませんが(^^;、とりあえず、こんなメールを頂いたので、紹介してみました。興味のある事業者の方は、メーカーにお問い合わせ下さい。

おおっと。「γ10」は10時間?? 「ATOM Mini」は0.2以下なら180日です。がんばって作りましたねw できれば、閾値をもう少し低めに細かく設定してもらえるといいかもしれませんけどねぇ。物理的な限度があるのは重々承知していますが、2μSv/h以上を識別する必要性はほとんどないでしょうし…。下限が0.5は仕方ないとして、0.5、0.8、1μSv/hの3段階とかで十分だと私は思います。このサイズだと難しいかな(^^;
2013.02.08追記:同社から返事がきました。

We can change treshold as japanese need .

とのことです。日本の現状にあった仕様にカスタマイズ可能だと思われます。
関連記事
エアカウンターEX

前後の記事

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)