2013/01/08

人気10機種の相場 in 2013 新春

明けましておめでとうございます。さて、新春恒例の相場チェックです。人気10機種の相場を見つつ、今後の推移を占ってみたいと思います。

エアカウンターS

半導体式の放射線測定器「エアカウンターS」(エステー)。非常に安く、扱いやすいため、ライトユーザーや初心者の方に人気です。昨年からすでに4,000円を割っています。もう3,000円台が当たり前ですね。今年はもしかして2,000円台も登場!?と期待w

RADEXシリーズ

左から、「RADEX RD1503」「RADEX RD1706」「RADEX RD1008」。いずれもガイガーミュラー計数管を利用したガイガーカウンターです。メーカーはロシアのQuarta-Rad。

1503は今年の前半には製造中止になる予定です。とってかわるのは「RADEX RD1212」という新機種。どうせなら1212を待つかなぁ。7,000円台は昨年秋ごろから変動なし。今後もこのあたりでしょう。

1706はGM管を2本搭載したモデルで、一時、1万円台をつけたこともあって、昨年の夏、秋ごろからグッと人気が出ました。現在の2万円台半ばという価格は今後も変動がなさそうな気がします。

1008もGM管を2個搭載。ただ、1706とはちょっとニュアンスが異なります。詳細は過去記事をいろいろ見てみて下さい。こちらはロシア国内の正規ディーラーが値上げし、日本での売値も上がっているとの情報も。メーカーと直でやり取りしているであろうスターシステムズの価格も下がりませんから、メーカー自体の卸値が上がっているのかもしれませんね。いずれにせよ、4万円台前半が底値として落ちつきそうです。

SOEKS 01M

SOEKS社の人気ガイガーカウンター「SOEKS 01M」。相場は12,000円ほどなのですが、なぜかここだけがずっとこの価格w 今後も相場、最安値に大きな動きはないと思われます。

※その後、在庫切れとなりましたのでリンクを貼り直しました。

同メーカーからは「Defender」「Quantum」といった新機種もリリースされているはずなのですが、現状がさっぱりつかめません。とりあえず安いですし、「SOEKS 01M」でいいんじゃないでしょうかね。

TERRAシリーズ


左から、「TERRA MKS-05」「TERRA-P MKS-05」「TERRA with Bluetooth Channel MKS-05」「TERRA-N MKS-05」。それぞれ、黒テラ、黄テラ、青歯テラ、緑テラというニックネームがよく使われています。ウクライナのSparing-Vist Center(ECOTEST)がメーカーです。

不動の人気のガイガーカウンターです。ローコスト、コンパクト、オールマイティー。エントリーモデルとしてはこれが究極形態ではないかとすら思います。

これらも昨年から大きく変わりないですね。黒テラはたまにドスパラが安く出したりしていますが、現在は在庫切れです。今なら黒テラよりも緑テラかな。性能面ではほとんど変わりませんし。コスパという観点では黄テラが圧倒的にお得ではあります。

RD-2 量産型

WBSの「RD-2 量産型」。Open Geiger Project(OGP)系のガイガーカウンターです。「ガイガーFUKUSHIMA」と中身はほぼ同じです。機能豊富で楽しいガイガーカウンターだと思います。

価格は昨年から変わらず。ただでさえカツカツだと聞いています。これ以上の値下がりは期待できないでしょうし、それを期待して買うようなものでもありません。福島原発事故以降、日本で開発された唯一のまともなローコストガイガーカウンターだという点に、心が動くかどうか、ですなw

DC-100・DC-200

日本精密測器のシンチレーション式放射線測定器「DC-100」「DC-200」。「DC-200」がリリースされた後も、「DC-100」は売れているようです。価格差に見合った性能差が感じられないんですかね。

価格も昨年末から変わらずですが、両機種とももう少し値下がる余地があるような。それぞれ3,000円~5,000円は下がるような気もします。

Inspector

IMIの「Inspector Alert」とSEIの「Inspector PLUS」(左商品はエクストリームブーツ付)。言わずと知れたガイガーカウンターの雄。

相場は少し変動しつつも、だいたい5万円台後半~6万円台前半です。今後もこれくらいでしょう。二台目としてほしくなる機種ですねw

PM1703Mシリーズ

ルートがしっかりと確立されているせいでしょうか、Polimaster社製品も大きく値が動くことはありません。相変わらずといった感じです。

PM1703Mシリーズは基本的にすべてシンチレーション式です(一部、GM管も搭載したデュアルタイプもあり)。高感度でスピーディー。日ごろの空間線量率測定はもちろん、局所的な汚染、いわゆるホットスポット探しにも向いているとよく言われます。

昨秋、日本法人が設立されました。今のところその影響は感じられませんが、今後、もしかしたら入手しやすくなる、安くなるといったことがあるのでは…と希望的観測を抱いてますw

DoseRAE2・miniDOSE

いずれもRAE SYSTEMSの個人線量計です。パーソナルユースの個人線量計で、線量率も見たいという場合、実質的にこの2機種だけじゃないでしょうかね。選択肢としては。

とにかく小さいです。携帯性バツグン。USB経由でPC接続も可能。まだ線量が少々高く、被ばく量もチェックしたいという方はこれらをどうぞ。

こうして見てきますと、昨年から大きな相場の動きはなさそうです。3.11直後のバブルがはじけ、昨年初旬にはすでに価格が落ち着き、そのままここまでやってきた、といった感じでしょうか。よっぽどのことがない限り、いま以上に需要が高まることもないでしょうし、今後も相場は横ばいでしょう。

いまさらながらだけど、やっぱり一台買っておこう。二台目は何にしようかな。そんな方の参考になれば幸いです。

というわけで、今年もよろしくお願いいたします。

※追記:9機種でしたw あとでもう1機種追加します。なにがいいですかね。
関連記事

コメント

非公開コメント

AmazonのTERRA-P 10400円 電源が変

年末にamazonから黄テラのTERRA-Pを10400円で2個入手。稼動2000時間から6000時間ともいわれ、常に電源入れっぱなしで車に常設できると思い購入、
到着した1台は全く電源はいらず初期不良。クーロングオフだと思うが購入から7日以内が保証期間とのことで修理扱いで1ヶ月待ちの様子。もう一台は正常に動作していたようだったが、新品電池で6日間で電池切れ、2度交換したがやはり1週間もたない。購入元に問合せすると、保証期間終了で交換も修理も受け付けない。ただし、修理取扱店を紹介された。しかし、すぐに2度目の連絡あり、卸元で着払いで交換対応可能かもしれないので送って欲しいとの連絡。これから発送予定。・・・もしかすると、いまだに怪しげなものが若干で回っている可能性もあるような不安を抱きました。(報告まで)

Re: AmazonのTERRA-P 10400円 電源が変

一般論として、こういう製品ですから、初期不良は致し方なしだとは思います。ただ、最初から電源が入らないというのはひどいですね。販売者の責任として、せめて通電テストくらいはしておいてもらいたいものです。また、ショップの対応がちょっとアレですね。ご心配なさるのも当然です。

その価格ということは、あの”ショップ”だと思われます。ヤフオクにも出品している方でしょう。大量に扱っているので、ちょっとぞんざいになっているのかもしれませんね。ちゃんとした交換品が届くことをお祈り申し上げます。

ご報告ありがとうございましたm(_ _)m

あけましておめでとうございます

GCCさん、最新版の相場表とても参考になりました。
ありがとうございます。
それにしても事故後2年経ち、随分と価格も落ち着いてきたものですね。
でもこれが本当の適正価格なのでしょうね。
これからは一家に一台の時代だと思います。
身を守る為の大切な機械ですから、信用のおける機器を選びたいものです。
そしてそういう時に参考になるのは勿論このサイトですね。(^^)v
これからも期待しています。

MSWのWさん、TERRA-P残念でしたね。
私も二台購入し、一台は友人に送りました。
今3か月経ちましたが、電池は表示を見る限り殆ど減らずに測定し続けてくれています。
たまたま不良品にあたってしまわれたのでしょうが、無事に良品が手に入られると良いですね。


Re: あけましておめでとうございます

ありがとうございます(^^
新しい動きが少なくなりつつあり、
情報の更新頻度も低下してきていますがw
これからも楽しみながらがんばっていこうと思ってます。

今年もよろしくお願い致します。

交換できた黄TERRAまたもだめ?

年末に購入した黄TERRAの交換品が来て、動作チェック。前回は7日間で電池切れ。今回は11日で電池切れ? なぜだろう? はずれなのか?

TERRA-Pは2000時間から6000時間の稼働時間と聞いたのですが…
スリープモードを使用せず、アラーム設定(初期値0.30μSv/hだと常にアラームがなる地にすんでるので)を0.00に設定し、スリープモードが機能しないようにして24時間車中設置で使用。

アラーム設定0.00μSv/hでスリープモードオフにすると、電池の消耗が300時間程度で切れるのでしょうか・・・。
黒TERRAは24時間稼働で、未だに電池交換せず2ヶ月がたちます。

不良でしょうか? 使用の仕方がわるいのでしょうか?

Re: 交換できた黄TERRAまたもだめ?

TERRA-Pが全般的にこうだというような話は聞きませんし、
電池が正しくセットされているとするなら、
不良品の可能性が高いかもしれませんね。

ただ、電源を毎日24時間ずっとつけっぱなしにしておくというのは、
メーカーが推奨している使用法ではないので、
場合によってはこういうこともあるのかもと思わなくもありません。

とはいえ、黒テラは同様の使用法で大丈夫なようなので、
やっぱり不良ですかねぇ…。

個別具体的な話なので、こうだとは私からは断言できません。
一度、メーカーに状況を説明し、
不良なのか仕様なのか、お聞きになってみてはいかがでしょうか?

それにしても、面倒なことになちゃいましたね(^^;;

Re:Re: 交換できた黄TERRAまたもだめ?

正規代理店のような修理先を販売サイトオーナーから
連絡受けていたところに問合せました。
数日で返答がきました。

株式会社 MOSPIC JP  様からで
メーカー保証は18ヶ月です。
修理代金につきましては、保証期間内であれば、費用はかかりません。

線量計TERRA-Pの保証期間が18ヶ月とはびっくり。
ただし、領収書、購入記録がはっきり証明できることとありましたが
現在、修理で直るのかどうか、スリープモードオフの稼動時間の
再確認をして、条件が会えば、保証期間で修理依頼してみます。

しかし・・・実際に購入してみないと分からないことが多々ありますねー。
遊びでや興味関心で線量計を必要としている場所にいないので、常に携帯したり固定設置して監視してないといけない場所にいる人間にとっては、これは
痛い。安定してオールマイティーで必要機能のある、そこそこ稼動時間の長い線量計がなかなか市場には少ないです。(あることはあるけど・・・)

いままでいろんな線量計を使ってみて、価格的に見て、黒テラ、OPG、が一番ですかねー。長時間稼動の黒テラか、そこそこ稼動だが、機能豊富なオールマイティーなOPGか、3万円前後以内となるとこの辺がベストかもしれません。
移動しないならエステーでも良いんですけど・・・。
リアルタイム性を重視すると4万円以上は軽くかかります。
(GCCさんに怒られるかもしれませんが、使い方は間違ってても、DoseRAE2を個人線量計というより空間線量リアルタイムモニターとして監視用につかうのが一番安いです。)

Re: Re:Re: 交換できた黄TERRAまたもだめ?

> しかし・・・実際に購入してみないと分からないことが多々ありますねー。

そうですねー。
個体差が激しいデバイスですよね。
メーカー側で一台一台テストしていたとしても、
ある程度の期間使ってみて初めてわかることもあるでしょうし…。

> GCCさんに怒られるかもしれませんが、
> 使い方は間違ってても、
> DoseRAE2を個人線量計というより
> 空間線量リアルタイムモニターとして監視用につかうのが一番安いです

怒りませんよw
単に空間線量とはなんぞや、ということでして。
常に携帯しておいてチェックするのにはとてもいい機種だと思います(^^

なんとなくのイメージで、
知らない人はハガキくらいのサイズだと思ってるんじゃないかと。
実際に見るとクレジットカードサイズなので、ビックリですw


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+