驚愕の連続! 恐るべしBELLA & DBG-01H

2012年10月31日
関連ワード:コラム
gc_637.jpg

「Белла(BELLA)」というガイガーカウンターがあります。1990年あたりから製造されていた機種です。メーカーはИМПУЛЬС(IMPULSE)。上画像の通り、ЭЛЕКТРОН(ELECTRON)というメーカーはOEMだと思われます。

で、ИМПУЛЬСの公式サイトが判明したのでまずはご報告。

ПЯТИГОРСКИЙ ЗАВОД "ИМПУЛЬС"

1963年創立のСНИИП(SNIIP)傘下のメーカーです。またお前か!w この公式サイトに「BELLA」は掲載されていません。掲載されているのは「BELLA」の後継機「ДБГ-01Н(DBG-01H)」。

ДБГ-01Н

「BELLA」との差はレンジです。「BELLA」は0.2~99.9μSv/h、「DBG-01H」は0.1~99.9μSv/hと10~999.9μSv/hの2レンジ切り替え。メーカー公式サイトまではわかっていませんでしたが、ここまでは把握してました。

しかし! さらに調べてみると、驚くべき事実が。なんと「DBG-01H」はGM管が2本だった!w

まずは「BELLA」。

gc_638.jpg
gc_639.jpg
[ソース]http://forum.cxem.net/index.php?showtopic=52759

次に「DBG-01H」。

gc_640.jpg
gc_641.jpg
[ソース]http://www.roft.ru/page/dozimetr-dbg-01n

改造したとかそういうことは書いてありませんから、これがデフォでしょう。電子系に強い方は胸が躍りそうな光景じゃないでしょうか。電子系さっぱりな私でも小躍りしとりますけどね。

それにしてもです。「BELLA」を最初にまとめたのは、当サイト立ち上げ直後の2011年5月。それから約1年半経って、ようやくこんなことに気付いたという…orz

そんなわけで、「BELLA」か「DBG-01H」で迷っている方は後者の一択ですな。って、んなヤツいねーよ!w

※レンジ違いの後継機、くらいにしか思ってなかったのですが、これがわかったので、のちほど「DBG-01H」もカタログとしてまとめます。

と、ここまで書いて記事を終えようと思ったら、さらにこんなものを見つけてしまいました。

gc_642.jpg
[ソース]http://kiev.ko.slando.ua/obyavlenie/dozimetrindikator-gamma-izlucheniya-bella-ID5bV53.html

サイドにスリット…。

なんでもありだなw こうなると、もしかして、GM管1本の「DBG-01H」も存在するかも?? どこまで惑わせるんだ!

恐るべしBELLA…。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)