RADIASCAN-501(РадиаСкан-501)

2012年10月30日
関連ワード:ロシア , サーベイメーター ,
RADIASCAN501_001.jpg
製品仕様
メーカー АнгиоСкан(Angio Scan)[公式]
検出器 GM管
測定可能放射線 γ線、X線
線量率範囲 0.01~10,000μSv/h
積算線量範囲 0.001~1000mSv
アラーム機能 あり(2箇所設定可能)
計測時間 1~30秒
エネルギー感度 0.05~3.0MeV
バッテリー 単4×2本(10時間)
使用環境 -20℃~+50℃
寸法(mm) 110×60×23mm
重量 110g(電池含まず)
【白】【青】
備考・その他 メーカー公式サイトには情報はありませんが、マニュアルは落ちてますw 当カタログはマニュアルを参考にまとめました。

[ソース]
http://www.oxyhealth.ru/_FILES_/0.302370001348266131.pdf

RADIASCAN501_002.jpg 何気にすごいです。USBでPC接続、充電可能、統計誤差表示あり。アルカリ電池だと10時間ですが、「SOEKS 01M」もそれくらいですしね。全体的なデザイン、特にボタン部分のデザインがもっとスマートだと、「SOEKS 01M」を越えたかもしれませんw

背面の検出器部分のマークを見ると、使われているGM管は「BETA-2M」じゃないかと想像させます。SBM-20などの円筒型ならサイドに寄せがちですからねぇ。もちろん想像です。実態はわかりません。

こうなると思い出すのが「DKG-07D "Drozd" (ДКГ-07Д "Дрозд")」です。GM管、統計誤差表示、どことなく似ている感じがします。
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)