FM-h3 / RAT-S

2012年10月19日
関連ワード:日本 , サーベイメーター ,
FMh3_001.jpg
製品仕様
メーカー ひさき設計[公式]
検出器 1×1×1cm CsI(Tl)シンチレーター + フォトダイオード
測定可能放射線 γ線
線量率範囲 0.000μSv/h~30.000μSv/h
積算線量範囲 0.000mSv~99.999mSv
アラーム機能 ブザーあり
計測時間 1分間
エネルギー感度 200keV~
バッテリー 単3×3本(連続240時間)
使用環境 -5℃~+40℃(結露なきこと)
寸法(mm) 81×141×32mm(シリコンカバー含む)
重量 約320g(電池含む)
【白】【グレー】
備考・その他 感度:800cpm/μSv/h、年間予測線量の表示、過去60分間の線量率変化をバーグラフ表示、測定値の変化を安定・上昇中・下降中の3種の矢印で表示。

第三者機関にて特性試験(放計協第22487号)を実施。指示誤差が±10%以内であることを確認。
※公益財団法人 放射線計測協会

とのこと。「FMh3-CS2-001」が試験製品として記載されていますが、これが製品番号なんですかね。

私は「ありがとう」と言いたい。3.11以降、日本ではひどいデザインの放射線測定器が次から次へと生み出されてきました。「はかるっち」もそうですが。しかし、この「FM-h3」は本体も公式サイトもスッキリとしたデザイン。恥ずかしくなく大人が使える放射線測定器です(デザインの話です)。

ほんと、変なことしてくれなくてありがとう。

2013.05.31追記:高森コーキが「RAT-S」という(おそらくは)OEM的商品をリリースしました。また、LED表示器とのセットも販売しています。

詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)