2012/10/19

ひさき設計がシンチレーション式放射線測定器「FM-h3」をリリース

関連ワード:ニュース
「はかるっち」でおなじみのひさき設計がシンチレーション式放射線測定器「FM-h3」をリリースしました。

[ソース]ひさき設計:FM-h3

検出器は1×1×1cmのCsI(Tl)シンチレーター + フォトダイオード。感度は800cpm/μSv/h。測定範囲は0.000~30.000μSv/h。つまり分解能は0.001。積算あり。測定時間は1分。過去60分間分の線量率データをバーグラフ表示。年間予測表示。バックライトあり。単3×3本(連続240時間)。サイズはいつものアレ。安定、上昇、下降といった線量変化を矢印マークで表示するなど、独自機能もいろいろあります。

※のちほどカタログとしてまとめます

本気です。あるいは鬱憤を晴らしていると言うか。これなら文句はあるまい!という凄みすら感じさせます。適当に投げた外角速球をレフト前に運ばれた後、次の打者には全力投球。サクっと三球三振にしてしまうダルビッシュが頭に思い浮かびました。いや、たとえとしてうまくないなw

とりあえず、そんな感じです。また後ほど!
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+