「RADIEX2012」レポート第二弾 / ドイツの展示会がマジすごい

2012年10月03日
関連ワード:コラム , 突撃レポ ,
RADIEX2012 「環境放射能除染・廃棄物処理国際展」の主要なレポートに関してはこちらの記事をご参照下さい。

興奮と衝撃の坩堝と化していた「RADIEX2012」!アロカ、ROTEMが新製品!あのパンケーキもリガクも岩通も!そしてあの人!

で、この記事では紹介しきれなかった小ネタを追加でいくつかご紹介。小ネタというとメーカーさんに失礼かw

radiex_016.jpg

「放射線量情報板」という何とも味気ない製品名ですがw、見た目はクール。文科省のモニタリングポストは筐体を見ているだけで気が滅入りますからねぇ。

radiex_017.jpg 開発・製造は名古屋電機工業。販売はキクテック。福島大学など、すでに多数の販売実績があるのだとか。

FOMAでデータを飛ばせます。検出器はNaIシンチ。地上50cmと1mで簡単に切り替え可能。だけど、半ばムキ出しですよねぇ。このままだと…いいのかなぁ。イタズラされたりしないか心配ではあります(^^;

radiex_014.jpg

「FD-08Cs100」(左)。ロボットアームが自動で試料を交換するセシウム測定装置です。奥のものは参考品で、もう少し性能が上がったバージョンだとか(近日発売予定)。製造はテクノエックス、販売はアナリティックイエナ・ジャパン

radiex_015.jpg CsI(Tl)で100ccの試料量を1000秒測定で検出下限値・10Bq/kgだとか(鉛遮蔽:50mm)。食品メーカーや給食関連施設等に販売実績があるようです。

大量に試料がある場合には便利かもですね。ただ、アームの速度が…。もうちょっと機敏にビュッ、ビュッと動いてくれれば…とも感じました。クレーンゲームみたいで見てると楽しいんですけどねw

radiex_022.jpg

ロシア・AMPLITUDAのブース。”美人過ぎる刺客(妄想)”がいたところですw 各製品については公式サイトをご参照下さい。土壌、食品、人体を対象とする製品がメインですかね。なんだかすごみは感じますw

radiex_021.jpg

ガンマカメラ「FGC-01」。こちらはまだ試作機段階だとか。メーカーはFLOVEL(フローベル)。各種カメラの開発・製造を行っている会社だそうです。

カメラの反応が鈍い気がしました。試作機だし展示会でのセッティングだし、このあたりはもしかしたら実際に販売されるものとは違うかもしれません。

この製品が、ってわけじゃなく、いわゆるガンマカメラ全般に関してなんですが、これって本当に作業効率を上げてくれるんですかねぇ。家庭用デジカムくらいのサイズでサクっと測れるならまだしも…。しかも、おそらくですが、線量が高く表示された地点は、サーベイメーターで改めて計測したりするんですよねぇ。日本人の気まじめさ、神経質さ、几帳面さからいうと、そうなるはずw だとしたら、やっぱり意外と時間がかかりそうです。実用的にどうなんだろうとも思います。

ところで、これはドイツの話なんですが、10月17日から20日まで、「44. Jahrestagung des Fachverbandes für Strahlenschutz e.V. (44th Annual Congress of the Association for Radiation Protection)」という会合が開催されます。これに伴って開かれる展示会がすごい。とにかくすごい。参加企業一覧はこちら。

[ソース]FS:Industrieausstellung

Saphymo、Berthold、Thermo、MT(RADOS)、Automess、Polimaster、Canberra、S.E.A.などなど。とんでもないメンバーです。いつもわかりづらい例えをするので、今回は女性向けにこう例えてみます。生田斗真と向井理と松坂桃李と妻夫木聡と佐藤浩市とジョニー・デップが出演する映画みたいなもんです。いや、ほんと。それくらいテンコ盛り。誰がどれとは言いませんが、Automessは佐藤浩市だろうなw

ロシア系は独自路線ですが、ヨーロッパ、アメリカは結局、ドイツですからねぇ。欧米でのこういう展示会はこうなんだろうなぁ。いいなぁ。こんな展示会を日本でもやってほしいw
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)