LUDLUMのデジタル「Model 2241-2」が手頃価格で登場~似てるけどeberlineよりかっこいいよねw

2012年08月29日
関連ワード:最新入荷情報 , LUDLUM , ThermoFisherScientific , eberline , デザイン ,
先日、LUDLUMの「Model 3」がとても安く出品されたとご紹介しましたが(下記過去記事参照)、同ショップ(ライフテックショップ)が「Model 2241-2」も取り扱い始めました。

「Model 2241」シリーズはデジタルサーベイメーター(正確にはスケーラーか)です。ですから、「Model 3」にはない機能がいくつかあります。主だったものを列挙しますと、アラーム、PCとの連携、スケーラーモード(メーカーによってはカウントモードと言う場合も)です。

「Model 3」のアナログにももちろんよさはあるのですが、やっぱデジタルの方が…という方もいらっしゃるはず。デジタルならではの機能も豊富ですから、デジタルなLUDLUMがいい方はこちらをどうぞw

なお、「Model 2241」シリーズには4モデルあります。「Model 2241」「Model 2241-2」「Model 2241-3」「Model 2241-3i」です。基本的には検出器の設定記憶可能数の差しか見受けられません(3iには内蔵GM管あり)。最小の「2241-2」が”2 detectors”分です。3つも4つもプローブをとっかえひっかえするなんてケースは稀でしょうから、「2241-2」で十分だと思います。

「Model 2241」シリーズ一覧(楽天市場)
「Model 2241」シリーズ一覧(Amazon)

ところで、LUDLUMを見ているとeberlineを思い出すのですが、現行機と旧モデルを比較するのもアンフェアだとわかりつつ、でもやっぱり、どう考えてもLUDLUMのほうがかっこいいんですよねぇ。eberlineはもともとドイツ。だからというわけでもないんでしょうけど、なーんかヨーロピアンなオシャレ感を出そうとしている風に見えるw

一番の差はハンドルです。LUDLUMはカクカクで太いですが、eberlineはカーブをつけたり細くしたりする。本体は「OEMか?」と思わせるほど似ていることもあるのですが、ハンドルが決定的に違うんですよねぇ。

gc_509.jpg

このタイプのサーベイメーターには質実剛健を求めたいですから、個人的にはLUDLUMの骨太な”ザ・テキサス”のほうが好みですw

ちなみに、eberlineはもう存在しないメーカーです。あえて言うなら、Thermo Fisher Scientific傘下です。いつかeberlineからサーモへという歴史をまとめてみたいと思うのですが、これがまた非常に厄介で。1900年ごろから追わないといけませんw 現在、リサーチ中で難航しておりますが、近いうちにまた。

[関連過去記事]
LUDLUMのModel 3 with パンケーキがお手頃価格で登場~LUDLUMは今年で創立50年
LUDLUMの金属ボディに温もりを感じるワケ
放射線測定器にニックネーム(愛称)をつけることは何気に意義がある
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)