2012/08/13

”内”も”外”も一緒くた&組み立てるという発想はドイツっぽい?w~Frieseke & Höpfner「FH-40H / T」

関連ワード:コラム , ThermoFisherScientific , history ,
こんなガイガーカウンターを見つけました。Frieseke & Höpfnerというドイツメーカーの「FH-40H」です。1940年代、1950年代あたりのガイガーカウンターだと思います。

gc_486.jpg

注目点は本体右の白いダイヤル。たまにあるんですが、こういうのってメーター表示を切り替えるか、あるいはシャッターの開閉なんですよね。で、次の写真を見て頂きますと…。

gc_487.jpg
gc_488.jpg

なるほど、シャッターの開閉のようです。これでβ線も拾えるようにする、と。

ここまででしたら、特に面白くない話です。よくあること。問題は次の写真。

gc_489.jpg

GM管まで抜けてます!w

「DP-5V」のプローブはシャッターを回転させ、GM管を露呈させます。最近の機種でも「RADEX RD1008」「MiniTrace β」など、シャッターを開閉するパターンはよくありますが、GM管が抜けるというのはまずありません。もしかしてこれ、シャッターとともにGM管も回転しちゃう?w

接触が悪くなる可能性がありますから、こういう機構はどうなんだろうと。GM管を取り替えやすいというメリットはあるかもしれませんが。

ここまででしたら、そこそこ面白いという程度の話です。ところが、次の事実に驚愕します。こちらは「FH-40H」のフルセットです。

gc_490.jpg

わかりますかねぇ。外部プローブが2種類あるわけですが、これをどうつなぐかというと、先のシャッター&GM管をぶっこ抜き、そこに差し込むんです。言い方を変えれば、先のシャッター&GM管はいわゆる”内蔵”GM管ではなく(デフォルトのGM管ではなく)、4つあるGM管のうちのひとつにしかすぎないということです。だからこそGM管ごと抜けるようになってたんですね。

外部プローブをつけられるガイガーカウンターは無数にあります。内蔵GM管を有しつつ外部プローブ”も”つけられるというのが普通です。ですが「FH-40H」はそうじゃない。同じ箇所に”内蔵”GM管も外部プローブもつなげてしまうんです。他にこんなのあったかなぁ。おそらく、なくはないでしょう。でも、パッとは思い出せません。

さらに、こちらも面白い。「FH-40H」の後継機「FH-40T」です。

gc_491.jpg
gc_492.jpg
gc_493.jpg
gc_494.jpg

シャッターと連動してメーター表示も切り替わります。よくできてますねぇ。ここで思い出されるのが、以前紹介した「DOM806」というガイガーカウンターです。雰囲気が似てますね。だけど、決定的に違う点があります。”外部”をどうつなげるかです。

「FH-40」シリーズは”内部”を一度取り外し、そこへ”外部”をつなげます。「DOM806」は内部は内部でそのままにしておき、オプショナルで外部をつなげます(よくあるパターン)。こうして比較してみると、「FH-40」シリーズの特異性が際立つと思います。

それにしても、箱を開けると、部品やらなにやらがいろいろ詰まっていて、自分で好きなように組み立てられる。この楽しさってなんですかねw 合体ロボのおもちゃしかり、ゴルゴ13的ライフルしかり、ラジコン・ミニ四駆しかり。

ああ、「ALPHAiX 3000」に妙な魅力を感じるのも、これに通底するのかな。あるいは「6150AD」もなんとなく似た匂いがします。そして、「ALPHAiX 3000」も「6150AD」もドイツ。なんかあるんですかねw

最後に、Frieseke & Höpfnerについてですが、とてつもなく奥深い歴史になるので、またの機会に。Thermo社なんかも絡んでくるんですよねぇ。

※以下、自分用のメモとしてw

[参考サイト]
FH 40H
http://www.ebay.com/itm/Vintage-FH-40H-Frieseke-and-Hoepfner-Geiger-Counter-/300760765417?pt=LH_DefaultDomain_0&hash=item4606bd13e9#ht_500wt_1247
http://www.freiepresse.de/LOKALES/ERZGEBIRGE/AUE/Museum-erhaelt-seltenes-Bergbau-Zeugnis-artikel7779975.php
http://www.delcampe.net/page/item/id,125355411,var,COMPTEUR-GEIGER-FH-40,language,E.html
http://www.orau.org/ptp/collection/personalmonitors/FH40.htm

FH 40T
http://www.radiomuseum.org/r/frieseke_strahlungsmessgeraet_fh_4.html
http://www.ebay.de/itm/Strahlungsmesgerat-Frieseke-Hoepfner-FH-40T-Satz-1-/320945872165#ht_10768wt_982
http://www.museum-nt.de/objekte/friehoe_fh40t.html
http://www.helmut-singer.de/stock/k43.html1.html
http://www.helmut-singer.de/stock/222.html
http://spazioinwind.libero.it/andrea_bosi/sonde.htm
http://www.webalice.it/iw1pue/iw1pue/geiger_fh40t.htm

FH-40b
http://blog.libero.it/paoloalbert/10048990.html

Frieseke & Höpfner
http://www.potsdam-wiki.de/index.php/Frieseke_%26_H%C3%B6pfner
http://www.radiomuseum.org/dsp_hersteller_detail.cfm?Company_id=6213
http://www.automatedbuildings.com/releases/mar00/esusa.htm
http://www.esm-online.de/sm/company/index.html
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+