ベクレル関連ビジネスの現況と消費者庁が貸与しているベクレルモニタ

2012年07月23日
関連ワード:ニュース , berthold ,
先月末、ベクサーチ渋谷店が移店しました。以前は桜丘町にあり、2度見学に行ったのですが、ダダっ広いスペースに3台ほどのベクレルモニタ(LB200、SEG-001"AKP-S"-40)がポツンポツンとあるだけ。私が行った際は利用者もまったくいませんでした。

gc_469.jpg

gc_470.jpg

運営母体はレンタルビデオ、インターネットカフェを経営している株式会社カキタです。私の記憶が確かなら、桜丘町のあの場所も、もともとは漫画喫茶か何かだったような。そのつながりがあるのかどうか、空いているスペースを利用していたんでしょうかね。

そんなベクサーチ渋谷店の移転先は、同社経営のメディアカフェポパイ渋谷店内。コンパ学生で溢れかえるちとせ会館の3Fにベクレルモニタ…。専用オフィスからネットカフェ併設ですから、実質”都落ち”となったわけですが、渋谷(東京)という土地柄やその他もろもろを鑑みますと、むしろ、運営母体が本業をしているからこそまだできている、と考えた方がいいのかもしれません。

一方、ベクミル(ベクレルセンター)ではまた違った動きがありました。こちらでも上野店が閉鎖されたのですが(4月)、柏市から業務委託を受け、食品放射能測定のサポート業務を開始。それなりにつつがなく運営されているようです。さらにベクミルは楽天市場に出店。放射能検査の請け負い、ベクレルモニタのレンタルはもちろん、放射能検査済みの粉ミルクまで販売し始めました。



ぜひともビジネスとして儲けて頂きたいのですが(大切なことだと思います)、価格が…。粉ミルクは普通に安く売っています。儲ける気はそれほどないんでしょうね(^^; ベクサーチの”都落ち”と併せて考えると、こうした企業・施設がやっていくにはビジネスという観点からは難しいのかなとも。

ベクミルとベクサーチの違い、柏と渋谷の違い、放射能測定とビジネス、いろいろ想像させてくれる象徴的な出来事だと思いました。

ベクミル楽天市場店

さて、晴れて(?)公的お墨付きももらったベクレルセンターもそうなんですが、自治体の放射能検査に関して興味深い事実がありました。

昨年9月来、消費者庁が国民生活センターと共同で希望自治体にベクレルモニタを貸与してきています。2012年4月の第4次配布までで計約400台の放射能測定器が自治体に設置されているそうです。自治体は測定業務を委託することもでき、柏市ではベクレルセンターにその任が与えられたということだと思います。

[参考サイト]
消費者庁:東日本大震災についてのお知らせ (4)放射性物質検査体制整備支援事業

※自治体が借りる際は国センで講習会を受ける必要があるようです。

当サイトとしては「貸与されているベクレルモニタはなんだ?」というところに関心があるわけですが、国センにも消費者庁にもそのような情報がありません。毎度のことなので今さらどうこう言うつもりもありませんが、調べてみましたら、アメリカ・CAPINTEC社製の「CAPTUS3000A」のようです。

※←こちらは「CAPTUS3000」。「CAPTUS3000A」とは違いますが、高いですね(^^;

当機を含め、いくつかの機種に関して、同社に質問をしたことがあるのですが、おざなりな回答しかもらえず、個人的にはあまりいいイメージがありませんw 一般ユーザーはあまり相手にしてないんでしょうね。それはさて置き、CAPTUS3000シリーズにはCAPTUS3000、CAPTUS3000A、CAPTUS3000Bなどがあります。

問題はこれらの差なんですが、いまいちよくわかりません。鉛遮蔽体の違いくらいしかなさそうなんですが、付属品が違っていたりするのでしょうか…。検出器はどれも同じようですから、スペックにそれほど差があるようにも思えません。

とりあえず消費者庁が貸与しているCAPTUS3000Aは、検出器はNaI(Tl) 2"×2"、1024チャンネルMCA内蔵PC付属、500ccマリネリ容器、検出限界は10 Bq/kg(測定時間 1,000 秒 /Cs134、Cs137)、鉛遮蔽厚30mmといった仕様です(のちほどカタログとしてもまとめてみます)。

給食の検査等に使われているのが現状でしょうかね。一般市民の依頼で測定してくれるという自治体はあまりないような。依頼できるにせよ、自治体によって手続きが違うかもしれません。興味のある方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。また、実際に測定することになったら、どんな測定器なのか、どういう手順で測定するのか、測定結果がどう提示されるのかを事前に知っておくとスムーズにいくと思います。電話口で言われるがまま試料をもって行くだけではなく、下調べしたうえでぜひ。



余談。

Sparing-Vist Center=ECOTESTの「FoodTester-G」が3万円台!?w まあ、ショップが…アレなんで…。ケタ間違いでしょうね。一応、ご報告まで。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)