鉛板で被曝偽装された線量計は何だ? APDとは? Hp(0.07)とは?

2012年07月21日
関連ワード:ニュース , 実用量 , 規格 , 翻訳 ,
線量計に鉛板、東電下請けが指示 原発作業で被曝偽装

東京電力が発注した福島第一原発の復旧工事で、下請け会社の役員が昨年12月、厚さ数ミリの鉛のカバーで放射線の線量計を覆うよう作業員に指示していたことがわかった。法令で上限が決まっている作業員の被曝(ひばく)線量を少なく見せかける偽装工作とみられる。朝日新聞の取材に、複数の作業員が鉛カバーを装着して作業したことを認めた。役員は指示したことも装着したことも否定している。厚生労働省は、労働安全衛生法に違反する疑いがあるとして調査を始めた。

朝日新聞は、福島県の中堅建設会社である下請け会社「ビルドアップ」の役員(54)が偽装工作したことを示す録音記録を入手した。昨年12月2日夜、作業員の宿舎だった福島県いわき市の旅館で、役員とのやりとりを作業員が携帯電話で録音していた。

役員はその前日、作業チーム約10人に対し、胸ポケットに入るほどの大きさの線量計「APD」を鉛カバーで覆うよう指示した。だが3人が拒んだため、2日夜に会社側3人と話し合いがもたれた。役員は録音内容を否定するが、この場にいた複数の作業員が事実関係を認めている。

gc_466.jpg

gc_467.jpg

[ソース]朝日新聞

役員は否定していますし、まだ調査段階です。指示があったかどうかの事実関係については特に言うことはありません。そういうことを云々するサイトでもありませんし。

当サイトが関心があるのは、いつもの通り、「これはなんだ?」ですw

まず、「APD」ですが、これは固有名詞ではありません。「Alarm Personal Dosimeter」の略です。「Audible alarming Personal Dosimeter」の略としている資料もありますが、この際どっちでもいいですw 日本語に訳すと「警報機能付き個人線量計」です。

「JISZ4001 原子力用語」にはこのように書かれています。

個人用警報線量計(personal alarm dosemeter) 警報を発生する機能を備えた個人線量計

※英単語の並び方と”用”に注意! 詳細は後述。

また、個人線量計の構造に関して「JISZ4332:X線及びγ線用個人線量計通則」ではこのように決められています。

5.構造
c)個人線量計には、線量当量表示及び/又は警報機能を設けることができる。また、必要があれば、エネルギー補償用フィルタを備えてもよい。

「又は」ですから、警報機能のみでもいいんですね。ただ、警報機能のみのものをAPDと言うのか、警報機能もついているものをAPDと言うのかは不明です(たぶん後者でしょうなぁ)。

余談ですが、「ポケット線量計(Pocket Dosimeter)」といった単語もよく見かけるのですが、この言い方がいつ、どのようにして生まれたのかに興味があります。慣例的に使われてはいますが、法令もしくは規格で「ポケット線量計」という言葉をあまり見ません(まったくないわけではないです)。「PD」の誤訳から派生しているのでは…とも思うのですが、ちょっと確信はありません。

そもそも「個人線量計」とは、その意味するところを正確に捉え英語に直せば(というか逆なんですけど。英→日ですから)「personal dose equivalent (rate) meters」です(IEC 61525、IEC 61526が元なんですから)。個人線量当量(率)を測定する機器が個人線量計です。個人用の、個人利用の、といった意味ではありません。もちろん、ポケットサイズなんて意味合いも含まれていません。

確かに「JISZ4001 原子力用語」にはこのような定義があります。

個人線量計(personal dosemeter) 個人の受けた線量当量を測定するため、各個人に装着するように作られた小形の線量計

ただ、これ自体がどうなんでしょう…。「個人線量計」に相対するものが「サーベイメーター」。こちらは「ambient dose」です。つまり、「personal dose」と言った場合の「personal」は「ambient」と対比しうる概念です。個人が装着するといった意味合いはありません。じゃあ逆に、集団用や法人用があるのかとw(集団は微妙なんですけどね)。

先の「personal alarm dosemeter」が典型ですが、こういう書き方をするから、なんかおかしなことになります。「alarm personal dosemeter」と「「personal alarm dosemeter」では違うと思うんですよねぇ。「personal」を何と考えているのでしょうか…。「personal」が前に来ちゃうから「個人”用”の」ってなっちゃうんです。JISも細かいところで「?」と思う箇所が多々あります。

実は、「dosimeter」とは何か、さらにロシア系の”dosimeter問題”にもつながる非常に重要なポイントなのですが、この件はまた改めて(要は機能で捉えるか、基準/目的・対象で捉えるかという違い)。

なお、ポケット線量計と称されるのは一般的には万年筆型の電離箱形式の線量計です。それが今では個人線量計=ポケット線量計みたいに言われています。ためしに、ぜひやってみて頂きたいことがあります。「ポケット線量計」でgoogle画像検索をして、次に「Pocket Dosimeter」でgoogle画像検索をして下さい。両者の違いが面白いですよw

ポケット線量計(pocket dosemeter / pocket chamber) 万年筆大の大きさと形をもつ電離箱式個人線量計。
[ソース]JISZ4001 原子力用語

この件に限らずですが、ほんと言葉をちゃんとしたほうがいいと思うんですけどね、ということをこのサイトでは7万6931回言っています。翻訳の過程に大きな問題があるんだろうなぁ。

さて、話を戻しまして、今回問題となっているAPDはどこ製のなんという機種でしょう。結論から言いますと、ごめんなさい、半分くらいしかわかりませんでした。

gc_468.jpg 松下電器(Panasonic)のγ線用APD「ZP-1460」の姉妹品で、β線にも対応した機種だということまではわかるのですが…。すみません、もう少し調べてみます。

[ソース]株式会社エクストリーム

panasonichistory_009.jpg
※追記:その後、β線対応版(機種名不明)を見つけました(画像転載元/朝日新聞:線量計への鉛カバー装着をめぐるビルドアップ社内のやりとりの録音記録

[関連記事]Panasonic(パナソニック)の個人線量計「ZP-145(P)」の歴史をさかのぼって見てみた。けど…

ところで、β線対応に関してですが、これは電離放射線障害防止規則において(ほぼ)明確に規定されています。

第八条  事業者は、放射線業務従事者、緊急作業に従事する労働者及び管理区域に一時的に立ち入る労働者の管理区域内において受ける外部被ばくによる線量及び内部被ばくによる線量を測定しなければならない。
2  前項の規定による外部被ばくによる線量の測定は、一センチメートル線量当量及び七十マイクロメートル線量当量(中性子線については、一センチメートル線量当量)について行うものとする。(後略)

ザックリ言いますと、一センチメートル線量当量=Hp(10)=γ線、七十マイクロメートル線量当量=Hp(0.07)=β線。β線は人体表面下0.07mmでも影響を及ぼすので、Hp(0.07)として測定します。ちょっと不正確な言い方ですが。

ちなみに、こんなことを書きながら見ていたふたつのサイトに興味深い内容が。

皮膚の高感受性細胞は皮膚表面下0.05~0.1 mmの間に 存在すると考えられており、70 μm線量当量(Hp(0.07))が皮膚の等価線量を評価するのに用いられています。

[ソース]産業技術総合研究所

人間の場合、皮膚表面から0.07mm厚までは死んだ細胞組織であるので、放射線の影響を受けないと仮定したことによる。

[ソース]ATOMICA

片や”高感受性細胞”、片や”死んだ”。どっちやねん!w 一見、矛盾していそうですが、実は矛盾しているわけではなく、見方の違いだと思うのですが、このあたりを説明し出すとさらに記事内容がとっちらかりそうなので、またの機会に。

というわけで、とっちらかった記事でした。

あ、「Personal」と「Pocket」は、もしかして「ざるそば」と「もりそば」の関係にも相通じる問題か!?w
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

669. 2012.07.21
ちょうどこの事件を知り、機種が何なのか調べていたら、やっぱりここに来てしまいました。
報道によると、被ばく量を少なく偽装するような目的で、普段は使用しない鉛遮蔽板を装着~のような内容なのですが、挿絵などにあるせいぜい1~2mm程度の鉛では、γ線の測定値はほとんど影響を受けないばかりか、条件次第では逆に増加することすらあります。都合よく弱められるなら高線量の測定は苦労しません。旧ソビエトのガイガー管は多数ありますが、それぞれの管には適用する線量範囲があり、何かで遮蔽して弱めて測るという概念は希薄です。
考えられることは、β線に対する遮蔽で、これなら1~2mm程度の厚さの鉛は効果があります。
また肉体側に鉛板が入っていないことの説明にもなります。もしγ線を弱めて計測するなら、肉体側にも必要だと思います。
彼らもβ線に対する配慮では苦しんでいるようで、当初はγ線の測定のみの被ばく量管理で作業を行っていたため、何度か汚染水(おそらくはストロンチウム90などを含む)と接触し激しいβ線火傷を負う事故が発生しています。このような教訓からβ線にも感度のある機種が採用されているのだとは思いますが、作業内容によっては正確な被ばく量の管理にとって障害になるケースがあるのかもしれません。
決して肩を持っているわけではありません!

個人的には別々に把握できるべきと思います。
やはりβ線も有害です。
670. 2012.07.21
β線も測定しろ、というのが法令ですからねぇ。

昨年8月時点で

放射線測定器的に読む福一作業員のβ線による被ばくニュース
http://geigercounter001.blog55.fc2.com/blog-entry-500.html

という記事も書いているのですが、誤魔化したい側からするとβ線が問題なんでしょうね。高線量区域は特にβ線であっという間に限度量行っちゃいそうですし。

とにかく、こんな作業を強いられていた方々が、このために不要に健康を害されることがないことを祈るばかりです。
671. 2012.07.23
さらに調べてみたところ、アラームが鳴りはじめると、基地の管理者でなければアラームを止められない仕組みになっているようです。
だからといってアラームが「鳴りにくく」するのは、作業員にとってはたまったものではありません・・。
672. 2012.07.23
「一度しかやってない」とか、ホントかウソか知りませんが、いろんなことが次から次へと出てきていますね…。
673. 2012.07.23
今回のケースでは測定値をごまかす効果は低かったようです。

作業員が自作 線量計鉛カバー装着問題 (福島民報 2012/07/23)
http://www.minpo.jp/news/detail/201207232634

>作業員は鉛カバーを装着したAPDと
>累積線量を測定するガラスバッジの2種類を携帯しており、
>エネシス社の調査でAPDとガラスバッジの測定線量に大差がなかったことも分かった。
674. 2012.07.24
あくまで業者側の言い分ですから、本当に大差がなかったかどうかわかったもんじゃないですけどね(^^;

ただ、γ線はこれくらいじゃどうにもならんですからねぇ。こんなんで減らせるなら食品の放射能測定も楽チンですw しかも、宇都宮様がおっしゃる通り、場合によってはむしろ増えるかもしれないわけで。

β線は防げそうですが、本当に効果がなかったとしたら、不幸中の幸いと言いますか。

いずれにせよ、効果の有無もさることながら、こんなことをさせていたということ自体が問題ですから、真相の解明と事業者に対する適切な処分がなされることに期待します。
675. 2012.07.26
『5.構造c)個人線量計には、線量当量表示及び/又は警報機能を設けることができる。また、必要があれば、エネルギー補償用フィルタを備えてもよい。』の後半『必要があれば、エネルギー補償用フィルタを備えてもよい。』という文章の方が気になります。
以前から疑問と疑惑の源『エネルギー補償』の『アレレ?』って記載だと思うんですけどね。
678. 2012.07.30
Personal monitorやPersonal dosimeterと言うときは、線量計の校正方法が異なっていることを示します。
Personalが付いていると、個人が線量計を着用したとき正しい測定値を示すように、ファントムに線量計を貼り付けて、線量計の値付をしています。
679. 2012.07.30
まさにその通りなんですが、現実はそうなってなくて、イラっとさせられることがままありますw

「パーソナル」という単語だけを見るなら単に「個人の」といった意味ですが、おっしゃる通り、放射線測定器においては「personal dose (equivalent)」の意味で「personal」を使うことがほとんです。すなわちファントムで校正されているということです。なのに、これをわかってないショップ、ユーザーが「個人用の(パーソナルユースの)」と訳し、理解し、結果、サーベイメーターまでも「個人用の線量計」などと言っちゃいます。

放射線測定器を正しく理解し、正しく使うためにも、「personal」が何を意味しているのかはとても重要なことだと思うのですが、どうも世間はそうでもないらしく、適当に言葉が使われているという現状です。本当は専門家にしっかりとこの点を言ってもらいたいんですが、専門家はどちらかというと実効線量とかスペクトルとか医学的な観点とかがメインで、実用量、製品としての放射線測定器に関してわかりやすく解説してくれる人が皆無です。

実用量の有用性、サーベイメーターと個人線量計の指し示す数値がどれほど異なり、どれほど近似しているかはさて置き、実用量というものがある、それに適応する形で放射線測定器が作られているという現状をまずは知ってもらいたいんですけどねぇ。

コメントありがとうございました。
993. 2013.11.12
さて、1Fの線量計はPanasonic
被ばく隠しの下請けの実態として。
J,ビレッジから構内に入るまでに、ペイント缶に線量計をいれた。鉛で覆った。車において構内に入ったって事みたい。
東電も迷惑な話だがマスゴミは東電のバッシングばっか。
報道は馬鹿だなあ。

1079. 2014.03.27
個人被爆ばく線量計の事を、通常personal dose Meterと英訳します。(弊社、iaea実績として)世界、日本では呼称を統一されていません。日本では労働基準、電離測がありますが、海外には無いからです。apdは商標です。epdと呼称する場合もありますが、それらは発注図書に合わせ、商品名称を合わせます。epdはパナソニックの商標名となります。富士電機の略称はapd.またはe,p.d(パナソニックに抵触しない。)ように配慮されています。
1121. 2014.05.01
993報道は馬鹿だなあ 
 おっしゃる通りじゃ。新聞なんてなあ、何書いてるんだか? テレビなんてなあ、何しゃべってんだか? 確かに嘘はないかも知れんが肝心要の真実はまるでわからん報道ばっかりでのう! それでもなにがしの金を払ってまで購い読み視る自称仙人も馬鹿といえば馬鹿じゃがなあ
1293. 2016.04.02
漫画のふくいちでは、何一つ嘘はない。
だが報道は嘘ばっかり。
ちな、美味しんぼは嘘100%でした。
東京電力は被ばく隠しはやっていない。
下請けが仕事が無くなるのを恐れて、線量計をペイント缶に入れてただけ。
被ばく上限を超えると作業ができなくなるので、被ばく隠しをおこなってた。
ちな、線量管理は法令上、雇用企業(下請け)の責任。
下請けが馬鹿なだけ。

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)