2012/07/05

イギリス・Kromek(クロメック)社がスペクトル分析可能な「RadAngel(ラドエンジェル)」を発売開始

関連ワード:ニュース
イギリスの測定・分析機器メーカー「Kromek(クロメック)」が個人向けポータブル放射能測定器「RadAngel(ラドエンジェル)」を2012年7月下旬より発売するそうです。放射能測定器でもあり放射線測定器でもあるのかな。日本での販売代理元は仁木工芸株式会社だと思われます(後述)。

[ソース]PR TIMES:自然環境から来る放射線と、人災による放射線を明確に識別 個人向けポータブル放射能測定機「RadAngel™」、7月下旬より発売開始

簡単に主な特徴をまとめてみます。

・クロメック独自のRadBarおよびSDR技術により、放射線をスペクトル分析。自然環境由来のバックグラウンド放射線と人工的で有害な放射線核種を識別することが可能

・セシウム・インジケーターによりセシウムや他の放射線核種の存在を視覚的に表示

・パソコン、ラップトップ、タブレット端末、iPhone、iPad、iPod Touchなどに直接接続してデータを取ることが可能。GPSを活用することにより、Googleマップ上で情報共有も(専用サイト上でも可→http://www.RadAngel.jp/
※当URLはまだ利用できません

・対応機種:Windows(XP、Vista、Win7)搭載のノート型パソコン、タブレット端末、iOS(4.3、5.0、5.1)搭載のiPad、iPhone、iPod Touch

・2012年8月に発売予定の「FoodAngel(フードエンジェル)」と併用することにより、一般家庭の台所で食品や土壌、水などが放射能で汚染されていないかどうかを簡単に確認することをも可能

RadAngel_001.jpg
RadAngel_002.jpg

検出器はなんなのか、感度はどれほどか、「FoodAngel(フードエンジェル)」とどのように組み合わせるのか、まだまだ情報が足りないですね。公式でスペック等が発表されましたら、またご報告します。

なお、http://www.RadAngel.jp/のドメイン所有者が仁木工芸株式会社なので、同社が日本における総代理店的役割を担うものと思われます。

2012.07.06追記:twitterで関係者が情報をいろいろ出してくれていました。

5x5x5 CZT搭載です。RADバーはでコンボリューションしたスペクトラムです。

RadangelはGR1同様にMCA内臓です。windowsではMCAを使いますがiOSではアナログ出力を使ってiPadのオーディオでスペクトル化します。

大体二十万円位になるみこみです。CZTはCdTeにくらべ量産できませんがポラリゼーションはありませんので連続測定は安心です。

(遮蔽に関して)はい、6mmです。計算上0.1uSv/hrのBGで確かさ85%で100Bq/Kgで4時間の測定です。精密な分析とは言えませんが、日常の安心をそれなりに手軽に知るお役に立てれば嬉しいです。

寝ている間に朝の食材を計測いただくイメージです。計算上の値ですのでこれも正しいかは実際の環境によってしまいますが特殊な条件の性能では皆様の判断を誤らせるので私たちには理解できません。

計測時間は変動幅が3%以内になるまで計測されます。環境によりますが都内の事務所では10分から15分位でした。明日また測ってみます。gpsはiPhone側になります。Windows でも試してみます。

昨日嘘をいってしまいました。今朝8:46分に測定開始しまして、終了が9:05ですので大体20分くらいです。環境は一般事務所(都内)表示された線量率は0.08uSv/hrになります。

まだ高くてすみません。foodangelにはPLUS10万円位にしたいです。

[ソース]https://twitter.com/#!/RadAngelJPN

また、こんなサイトもありました。「FoodAngel」も載っています。「FoodAngel」はアクセサリーという立ち位置なんですね。

http://www.radangel.net/

なお、「RadAngel」は当サイトの守備範囲外なので、あまり深追いはしませんw
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+